最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« 金曜個人参加 | トップページ | 週末個人参加(土曜編) »

2015年8月 8日 (土)

第6回 シーズンスクール

Season20131




こんにちは
シーズンスクール コーチの酒井です
 
本日は今期6回目のシーズンスクールでした。
今期は『良いディフェンスとそのディフェンスを崩すオフェンス』をやっております。
Img_7723
 
 
きょうは、オフェンス。
プレッシャーの激しい中を、切り抜けるためのスキルと動きを
 
フットサルのオーソドックスな形を覚えながら、チャレンジしてもらいました
 
 
☆ウォーミングアップ
・ドリブルスキル
・ズラしてのパス
・キックで動的ストレッチ&間接視野
 
☆ロンド
・相手から遠い足でのパスコントロール(超重要!)
・ライン間を通すパス
・ライン間を意識したコントロールオリエンタード
 
☆形のドリル
(パラレラローテーションからのブレイク)
・カーテンからピヴォ当て
・フィクソ-アラのワンツー
・パラレラ
・ジアゴナル
 
☆ハイプレスゲーム
・ハイプレスをライン間を狙ったプレーで回避する。
・ハイプレスはボールを奪う。
☆20分ハーフの公式風ゲーム
・監督にトシキコーチ&トキオコーチ
 
 
以上の内容でした。
 
 
いかがだったでしょうか?
ボールを置く位置を少し変えただけで全然違ったり
置く位置の工夫がないから、いいコースを見ていても取られたり
私が『ここだけは譲りません!』と言ったところが、少しでも感じていただければ嬉しいです。
 
最後の20分ハーフのゲームで、自身がどれだけできたか?
少し回想していただければと思います。
 
 
20分ハーフゲーム結果
トシキコーチチーム 7-5 トキオコーチチーム
Img_0020
いいゲームでしたね。
選手の皆さんに一体感がありました。
チームのスポーツでしから、こういう雰囲気大事です!!
 
動画の10秒くらいしたところ、小野寺さんフィイクソから始まるプレー。
小野寺さんの動きが、チームにチャンスメイクを効果的にもたらしています。
パラレラローテションの形が少しでています。
方向転換からでのALAへのパスで小さい2対1の場面を作りながら、小野寺さんは、パラに抜ける。手前のALA位置でボールをもらった臼田さんは、十分な中へのスペースを持ちながらボールを受けています。(結果はサイドラインとディフェンスの間を狙うプレーを選択されましたが) もう少しで打開できていましたね。
 
さて、両チーム監督からコメントをもらっておりますので、ご紹介します。
 
 
トキオ監督からのコメント
 
今までトレーニングをしてきた『いいディフェンス』を意識して、常にボールを持っている相手と、自分のマークを同一視野で見ることを目標にしました!
 
しっかりアプローチをかけることが出来ていて、同一視野を確保することができていたと思います!
 
ただ、相手が裏に走って来たとき、ボールウオッチャーになってしまい、マークを外してしまう場面が目立ったので、次のステップで改善できるようにしましょう!
 
オフェンスの場面では、徐々にパラレラローテーションでボールをキープできるようになっていました!
 
人と人の間の門も少しづつ意識できるようになってきましたが、ピヴォ当てや、裏を狙ったパスを出した時に、ディフェンスに当たってしまう場面が多かったですね!
 
 
次回は今日やったトレーニングでも言われていた『相手から遠い足でパス』をすることと、
 
もう一歩コントロールオリエンタードをかけてからパスを出すと、なお良くなると思います!
 
今日は負けてしまいましたが、次回は勝てるようにトレーニングしていきましょう!
 
 
・・・坊主だけは勘弁してください(笑)
 
トキオコーチから トシキ監督へのコメント

 

まずは、青チームの選手のみなさんが素晴らしかったですね。
こちらが前からプレスにいっているところをしっかりと見極めてパラレラローテーションからの崩しが出来ていたと思います。 
監督の采配は、はたして何かあったのでしょうか・・・?(笑)
 
しかし、その存在でチームを盛り上げてしまうあたりは流石だなと思いました。(笑)
 
勝ったからといって、僕の髪型を坊主にすることを強要するBH(坊主ハラスメント)だけは勘弁してください。(笑)
 
 
 
MGP(最も頑張ったプレーヤー)選手・・・小野寺さん
 
ボールを持っているとき、持っていないときの両方の場面で、チームの狙いとして掲げていた『相手のどこを狙うのか?』というテーマを考えながらポジショニングをとっていましたね!
特に、パラレラローテーションからのブレイクのタイミングが素晴らしかったです
 
次はぜひゴールを!!
 
 
 
トシキ監督からのコメント
今季のシーズンで行った攻撃的なDFが勝利の要因でしたね!
2人目が同一視野を保ち、インターセプトやパスが出たあとの寄せがよくできてました
しかし、パスで抜けた相手をマークつかずにボールばかり見て、
DFのマークを外してしまいピンチの場面があったので、マークを外さないようにしましょう!
攻撃では、立ち上がりに焦ってしまい、トラップミスが多く失点に絡むシーンがありましたが、
中盤から立ち直り、自然とパス出したあとの動き、
(カーテンやパラレラ、ジアゴナルなど)が出てました!!
3人目の動きもあって素晴らしかったです!
アドバイスは、パスを出して抜けるときの身体の向きを意識しましょう!
身体の向きによって、プレーの幅も広がります!
トシキコーチからトキオ監督へのコメント
PIVO当てからの攻撃がよかったですね
2、3人目を使った動きにDFは戸惑ってました!(笑)
MGP(最も頑張ったプレーヤー)・・・岡野さん

 

チームの中心に立ち、攻撃参加から奪われたあとの守備の切り替えが一番早かったですね!
 
 
 
両監督ありがとうございました。
 
そうですね。アラの選手の”バ”の動きが出たときに少し守備が少し不安定になってましたね。そこが改善点ですね。
 
次回、最終回!!
最高の改善をしましょう!!

« 金曜個人参加 | トップページ | 週末個人参加(土曜編) »

シーズンスクール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 シーズンスクール:

« 金曜個人参加 | トップページ | 週末個人参加(土曜編) »