最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« プリムラ大会2016 4部リーグ | トップページ | ブランチスクール”タマケリーニョ” »

2016年4月25日 (月)

プリムラ大会2016 3部リーグ

 
Photo
 
 
 
こんばんは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
今日はプリムラ大会2016 3部リーグを開催しました!
 
 
4チームによる熱い戦い!
 
 
早速振り返ってみましょう!
 
 
Img_6846
 
Img_6850
 
Img_6854
Img_6855
 
試合結果
Purimura30424
Purimura3t0424
リーグ2位のLAZOと、3位のSAISON。
ともに、予選・トーナメントともに引き分け。
見ごたえのあるゲームでした。


 
優勝 エスペランサ(A)
 
 
 
Img_6857
 
 
 
少ない人数ながら、若さでカバー!
 
最終戦まで豊富なスタミナでプレスをかけ続け、前でボールを奪い切ることができていました!
 
足元の技術がたかく、ボールを奪われる回数がすくなかったのが特徴的でした!
 
 
1対1の場面でも冷静にシュートを決めることができる決定力の高さで見事優勝を勝ち取りました!
 
 
 
 
2位 FC LAZO
 
Img_6843
 
 
 
予選から強さを見せていましたが、決勝戦で破れ残念ながら2位。
 
 
予選では、サイドをうまく使いながらディフェンスを食いつかせ、空いたスペースをうまく使うことができていた。
 
決勝Tでは前からプレスをかけるのか、引いて守るのか曖昧になったスペースを使われ
失点につながってしまっていた。
 
 
 
3位 SAISON
 
Img_6840
 
 
予選リーグから速いパス回しで数的有位を作り、サイドから崩す形ができていた。
 
常に数的優位を作ることができていたので、シュートの決定力も高く、ゴールを量産することができていた。
 
また、ディフェンスでもピッチ、ベンチ関係なく、全員でコーチングをしながら高いチームワークで守りきっていた。
 
 
4位 Carpintero
 
Img_6841
 
 
予選リーグでは質の高い前プレで相手陣地内でボールを奪い、自分たちのペースで試合を運べていた。
 
1対1の局面では体をはってディフェンスをし、相手に自由を与えていなかった。
 
 
チーム全員がシュートの意識が高く、シュートで終わる攻撃を実現できていた。
 
徐々に疲れがたまり、前からプレスがはまらなくなってしまい、後手のディフェンスになってしまい、失点を重ねてしまった。
 
 
 
 
個人賞
 
Img_6856
 
MVP エスペランサ(A) #13 コバヤシさん
 
多く訪れたピンチを、素晴らしい反射神経でナイスセーブを連発!
 
弾いたあと、こぼれ球に詰められたシュートを足を伸ばしてセーブするなど大活躍でした!
 
MVPインタビューはこちら♪♪↓↓↓
 
 
 
 
MIP FC LAZO #8コウジさん
 
 
今大会2ゴール!
高い決定力を見せてくださいました!
 
 
敢闘賞
 
 
SAISON #20 カノウさん
 
 
3位決定戦での芸術的なループでの決勝点!
 
第1試合と3位決定戦での2ゴールで会場を盛り上げてくださいました!
 
 
 
Carpintero #17 スミヤマさん
 
 
ピッチ内どこからでもシュートを狙う姿勢が素晴らしく、1ゴールの結果を残しました!
 
 
得点王 該当者なし
 

« プリムラ大会2016 4部リーグ | トップページ | ブランチスクール”タマケリーニョ” »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリムラ大会2016 3部リーグ:

« プリムラ大会2016 4部リーグ | トップページ | ブランチスクール”タマケリーニョ” »