最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 終了 »

2016年7月 3日 (日)

Liga Futsal Omiya2016 第3節 第3試合

 
 
Liga2016embbigjpg_3
 
 
 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
引き続き、第3試合のマッチレポートです!
 
 
 
もっちゃん 5-1 Carthamus
20160703_113703_hdr_zed20160704_131
 
20160703_113530_hdr_zed20160704_131
 
 
本日最終戦は、前節黒星同士の一戦。
 
勝ち点3を奪えるとリーグを通して少し優位に立てる重要な試合となった。
 
 
 
気温が高い中での第3試合は、オフェンスに定評のあるもっちゃんが攻める。
 
個人技には以前から定評のあるもっちゃんだったが、今年はパスワークと個人技をうまく組み合わせてオフェンスをすることができていた。
 
 
前半1分、サイドからの見事のパス回しから、最後はセグンドへのシュートパスからゴール!
 
見事な組織でのプレーで先取点を奪った。
 
 
Carthamusは、熱さからか、ディフェンスのラインが曖昧になってしまい、組織のディフェンスから、個々の1対1のディフェンスとなってしまっていた。
 
 
最後の1歩が伸びず、振り切られてしまいシュートまで持って行かれてしまう場面が多かったが、ゴレイロのスーパーセーブが連発し、ピンチを救っていた。
 
 
組織での崩しがうまくいかなくなったと判断したもっちゃんは得意の個人技で打開。
 
 
1人で数人を相手にしてもしっかりと抜くことが出来るドリブル力はさすがだった。
 
 
ドリブルで交わし、一気に数的優位をつくることができたら、最後は再び組織でのプレー。
 
セグンドや1・2等を使い、シュートを決める場面が多く見られた。 
 
その後も得点をかさね、前半を4ー0で折り返す。
 
 
 
後半ももっちゃんの個人技とパス回しに苦労していたCarthamusだったが、パスミスと一瞬の隙をついてダイレクトでロングシュート。
 
これが、前に出ていたゴレイロの頭を越えてゴール。
 
後半13分に一矢報いる。
 
その後も持ち前のカウンターを仕掛けPKを獲得し、ゴールを決める等反撃するが、
 
守備に戻れなくなった隙をつかれてもっちゃんが追加点。
 
 
もっちゃんが圧倒して勝ち点3を掴んだ。
 
 
 
MOM もっちゃん #8 野島選手
 
 
今節4ゴールと大爆発。
 
ゴール前での決定力の高さと、起点となるPIVOでの収めでリズムをつくっていた。
 
守備でも体をはってディフェンスしており、攻守に渡って活躍していた。
 
 
 
MOM動画はこちら↓↓↓

« Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 終了 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/63862980

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya2016 第3節 第3試合:

« Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 終了 »