最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« ☆彡週末個人参加☆彡 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 »

2016年7月 3日 (日)

Liga Futsal Omiya 第3節 第1試合

Liga2016embbigjpg

 
 
 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
本日はLiga第3節!
 
 
まずは第1試合のマッチレポートです!
 
 
 
 
FCセリカ 5-1 ブルーユナイテッド
 
 
20160703_085450_hdr_zed20160703_092
 
20160703_085557_hdr_zed20160703_092
 
 
 
気温が上がる中での第1試合。
 
スタミナ配分やタイムアウトの使い方など、試合のマネジメント力が問われるゲームとなった。
 
まずは相手の出足を見極めたいFCセリカはボールを回しながら好きを伺う。
 
 
一方、球際の強さが売りのブルーユナイテッドは、前半開始早々から、恐れずに厳しくプレスをかけに行く。
 
 
 
前半は両チーム共、球際での競り合いや、シュートで終わる攻撃など拮抗したゲーム展開。
 
シュートブロックも最後の1歩まで詰めてディフェンスを行うなど、球際の攻防が見ものだった。
 
 
 
先制点はFCセリカ。
 
 
左サイドから崩してセグンドのシュートパスがディフェンスにあたり、こぼれ球を流しこみ先制。
 
決めるべきところで決めることが出来る決定力の高さはさすがの一言だった。
 
 
対するブルーユナイテッドも攻撃の手を緩めない。
 
ゴールクリアランスから競り合いでこぼれたボールをドリブルで持ち込み、2人によせられながらも、ゴレイロの脇下をタイミングをズラすシュートで流し込みすかさず同点に。
 
 
一歩も引かないブルーユナイテッドに対し、FCセリカはすかさずタイムアウト。
 
 
体力の回復と、戦術の確認を時間ないにうまく行っていた。
 
 
その直後、FCセリカは1点を追加し、リードを奪う。
 
 
 
後半は、さらに気温が上がり、まさに総力戦。
 
ブルーユナイテッドは、前からのプレスを継続し続けるが暑さからか出足が遅れプレスがゆるくなってしまう。
 
そこを逃さないFCセリカ。
 
常に2対1や3対2など数的優位の状況を作り、厳しいプレスを回避。
 
 
ポゼッションをつづけながら、相手の体力を奪うことに成功し、見事試合巧者のFCセリカが勝ち点3を手にした。
 
 
 
MOM FCセリカ #15 内田選手
 
 
PIVOでボールを収め、様々な選択肢を持つアイディアと、正確なパスやシュートでチャンスメイク。
 
自身も2ゴールをあげ、攻撃陣を牽引していた。
 
チームが欲しい時間帯にゴールを決められる決定力の高さは圧巻!!
 
 
MOM インタビューはこちら↓↓
 
 

« ☆彡週末個人参加☆彡 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/63862173

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya 第3節 第1試合:

« ☆彡週末個人参加☆彡 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第3節 第2試合 »