最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« Liga Futsal-Omiya2016 第6節 第1試合 | トップページ | Liga Futsal-omiya2016 第6節 第3試合 »

2016年8月28日 (日)

Liga Futsal-Omiya2016 第6節 第2試合

Liga2016embbiggif

 

こんにちは!

 

スタッフのトキオです!

引き続き Liga Futsal Omiya 第6節 第2試合のマッチレポートです!

 

 

 

FCセリカ 7-2 もっちゃん

 

 

Img_8107

 

Img_8108

昨日の雨の影響もあり、ピッチが多少スリッピーな中での第2節。

パススピードが速く、お互いに堅守速攻の試合展開となった。

 

 

序盤はお互いにシュートで終わるアグレッシブな展開。

 

早いパス回しでディフェンスをずらし、フリーの選手がシュートを打つなど、ボールの動く展開となっていた。

 

すると開始早々にゲームが動く。

 

 

自陣でボールを奪ったFCセリカは、パスを回しながら数的優位を作りディフェンスをはがしていく。

 

最後は、サイドを上手く使ったあとに、#15 内田選手が高い決定力を見せつけ先制。

FCセリカが持ち前の決定力の高さを見せつけた。

 

 

対するもっちゃんは、ピッチが滑ると判断してドリブルを封印。

 

早い球離れでパスを回し、パスアンドムーブでボールを引き出していく。

 

球離れが早くなったことで、ディフェンスが寄せきれない間に次の動きをできるので、常に優位に立ってプレーをすることができていた。

 

FCセリカは後手後手の守備になり、押し込まれている時間が増えたが、しっかりと最後の一歩まで寄せきり、シュートブロックやパスカットでピンチを防いでいた。

 

 

すると17分にはカウンターから#19竹上さんがゴール。

まさに堅守速攻を体現した形となった。

 

後半はFCセリカペースで試合が進む。

 

ディフェンスが自陣深くに引いて守っているのを見て、遠目からシュートを打ってディフェンスを引き出す作戦にでた。

遠目からシュートをうっても精度の高く、4分、11分、12分と連続して得点。

 

遠目からのシュートを防ぎに前にでたところを裏をとって18分に得点を重ねるなど、相手の状況をみて攻め方をかえ、得点を量産していった。

 

対するもっちゃんも一矢報いる。

 

後半19分には見事なコンビネーションから最後は#4坂本さんがトーキックでタイミングをずらしゴール。

 

早い球離れからのカウンターを継続し掴んだ一点に会場も歓声が上がった。 

 

だが、反撃もここまで。

 

試合をコントロールしたFCセリカが勝ち点3を獲得した

 

 

FCセリカ

 Img_8106

 

得点者:#15内田さん×3 #19竹上さん #22田口さん×2

 

もっちゃん

 

Img_8105

 

得点者:#4坂本さん #3ヨシザキさん

 

MOM FCセリカ #19 竹上さん

 

苦しい時間帯でのゴールでチームに勢いをつけるだけでなく、後半も強烈なシュートをうちチームのリズムをつくっていました!

 

左足から繰り出される強烈なシュートは必見です!

MOMインタビューはこちら!↓↓

;

 

« Liga Futsal-Omiya2016 第6節 第1試合 | トップページ | Liga Futsal-omiya2016 第6節 第3試合 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/64121551

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal-Omiya2016 第6節 第2試合:

« Liga Futsal-Omiya2016 第6節 第1試合 | トップページ | Liga Futsal-omiya2016 第6節 第3試合 »