最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« Liga Futsal-Omiya2016 第7節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第7節 第3試合 »

2016年9月 4日 (日)

Liga Futsal Omiya 2016 第7節 第1試合

 
Liga2016embbigjpg
 
 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
今日はLiga Futsal Omiya 2016 第7節 
 
まずは第1試合、FCセリカとVarootsterの首位決戦です!
 
 
どのような試合展開になったのか?
 
さっそく、試合を振り返りましょう!
 
 
20160904_085950_hdr2_zed20160904_11

 
FCセリカ 21 Varootster
 
 
 
現在リーグ戦1位と2位の首位対決。
 
今期絶好調のFCセリカに対し、組織職のVarootsterが挑む。
 
 
試合は両者一歩も譲らない展開が続く。
 
 
FCセリカは、上手くサイドの高い位置を使いVarootsterの裏を狙いながらディフェンスのズレを狙う戦術。
 
 
マークがあいまいになって空いた中央のスペースに走りこむなど、上手くディフェンスのマークを外しながら攻撃を仕掛けていく。
 
 
得意のセットプレーからチャンスを作るも、Varootsterの体を張ったディフェンスに阻まれゴールならず。
 
 
一方VarootsterはFCセリカディフェンス陣の堅い守備の前に外回しのパスが増える。
 
 
なかなか中央のスペースが使えず、ディフェンスの視野内でのプレーが続き、インターセプトが狙われやすい展開となった。
 
 
遠目からのシュートで得点を狙うも、枠に飛んでいるもののゴレイロに阻まれこちらもゴールならず。
 
試合が動いたのは前半19分。
 
 
前半終了間際に、FCセリカ#4 山本選手が、フリーで前向きにボールを奪うと、右足一閃。
 
 
ゴールの右隅に決まり先制点をマークする。
 
 
 
エンドが変わった後半は、Varootsterが中央のスペースを使えるように修正。
 
 
中央に上手くボールが収まることによってダイレクトでの早いパス回しが増え、よりフリーでボールを受けられるようになった。
 
 
攻撃のリズムを掴んだVarootstera後半9分、裏をとった#18木村選手が右足を振りぬいてゴール。
 
速い球離れからの動きなおしでゴールを決める形となった。
 
 
 
同点においついたVarootsterだったが、今日はディフェンスが後手後手になる場面が目立った。
 
 
FCセリカは、上手くボールと人の動きを利用し、ディフェンスを引き付けながらスペースをうまくあけながらプレー。
 
全員が共通認識で空いたスペースを狙いながらプレーしており、連動意識の高さがうかがえた。
 
 
後半19分には、#19竹上選手が得意の左サイドでボールを受けると、寄せてきたディフェンスをブロックしながら強烈なシュート。
 
これがニアの上に決まり決勝点。
 
 
試合巧者のFCセリカが見事に勝ち点3を手にした。
 
 
 
FCセリカ
 
 
20160904_085703_hdr_zed20160904_111

 
得点者: #4山本さん #19 竹上さん
 
 
 
 
 
 
Varootster
 
 
20160904_085737_hdr_zed20160904_111

 
得点者: #18木村さん

« Liga Futsal-Omiya2016 第7節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第7節 第3試合 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/64154976

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya 2016 第7節 第1試合:

« Liga Futsal-Omiya2016 第7節 第2試合 | トップページ | Liga Futsal Omiya 第7節 第3試合 »