最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« 週末個人参加! | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 »

2016年10月30日 (日)

Liga Futsal Omiya2016 第10節 第1試合

 

Liga2016embbiggif

 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
今日はLiga Futsal Omiya2016、第10節を開催中です!
 
 
まずは第1試合のマッチレポートから!
 
 
攻撃力抜群のBorboletaに、ALEGRIAはどう立ち向かうのか?
 
 
さっそく試合を振り返りましょう!
 
 
 
 
Borboleta 10 - 0 ALEGRIA
 
 
 
ピッチが滑る中での第1試合。
 
 
両者対象的な立ち上がりとなった。
 
 
Borboletaは、前線のPIVOにあてて相手のディフェンスを圧縮させ、空いたスペースで数的優位をつくって崩す展開。
 
 
一方、ALEGRIAは自陣深い位置からディフェンスを開始し、常に視野の前に相手をいれて厳しくプレスをかけ、自由にプレーさせないことを意識していた。
 
 
前半開始早々に、BorboletaはPIVO当てから決定的な場面をつくるが、シュートは惜しくもポストにあたりノーゴール。
 
幸先よく、ゲームの主導権を握る。
 
 
一方ALEGRIAは相手ゴール前でのセットプレーからサインプレーでチャンスをつくったり、カウンターでの攻撃で決定機を作るが、Borboletaゴレイロに阻まれてしまう。 
 
両者互角の戦いをしていたが、ALEGRIAが自陣深くでミスがあり、そのミスを逃さずボールを奪取し、冷静にゴールに流し込んだBorboletaが先制する。
 
 
 
その後もBorboletaはまた抜きを阻止したあとカウンターからのゴールや、セットプレーからの得点でALEGRIAを突き放し、前半を5-0で折り返す。
 
 
 
エンドが変わった後半もBorboletaの勢いが止まらない。
 
 
PIVOにうまく当たらなくなったことをピッチで判断し、旋回から決定機をつくるがこれはゴレイロに阻まれゴールならず。
 
状況に応じてプレーを変えることができるBorboletaの強みがでた場面だった。
 
 
 
なかなかボールを奪いきることができないALEGRIAはディフェンスのズレが生じる。
 
 
ディフェンスラインの設定が曖昧になり、前半のような連動した守備が見られなくなってしまった。
 
 
後手に回ったALEGRIA。同じようなセグンドの形で立て続けに失点し、点差が開いてしまう。
 
 
点差が開いてもゲームを捨てないALEGRIAは、最後まで1点を目指してゴールに向かい続ける。
 
 
後半終了間際には、コーナーキックからサインプレーでディフェンスを剥がし、決定機を作ったが残念ながらゴレイロに止められゴーとはならなかったが、次の試合につながるプレーのように感じた。
 
 
試合はゲームの主導権を握り続け、集中力を切らさなかったBorboletaが勝利した。
 
 
 
 
Borboleta
 
 
Img_8777
 
得点者:
 
#8寺内さん×2 #10小野さん×3 #11テヨンさん #17山田さん #21吉田晃さん
 
 
 
ALEGRIA
 
 
Img_8776  
 
得点者:該当者なし
 
 
 
MOM Borboleta#8寺内さん
 
 
Img_8779  
 
ゴール前での冷静なプレーと高い決定力でチームを牽引。
 
ここぞの場面で決めきる決定力と、アイディアあふれるシュートバリエーションはさすがでした!

« 週末個人参加! | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 »

個人参加」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/64418647

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya2016 第10節 第1試合:

« 週末個人参加! | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 »