最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« シーズンスクール2016 第3期③ | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第9節 第2試合 »

2016年10月 9日 (日)

Liga Futsal Omiya 第9節 第1試合

 
Liga_futsalomiya2016_bana
 
 
 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
 
今日はLiga Futsal Omiya 2016 第9節の試合が行われました!
 
 
朝から強い雨が降り続ける中での開催となりましたが、第1試合は果たしてどうなったのでしょうか・・・?
 
 
さっそく試合を振り返ってみましょう!
 
 
 
FCセリカ 10 - 0 ALEGRIA
 
 
 
第1試合は朝から強い雨が吹き付ける厳しいコンディションの中でのスタート。
 
ピッチにはやや水がたまり、ボールを蹴ると止まってしまう場面が多々見られた。
 
 
 
 
難しいコンディションの中での試合になったが、圧巻の試合運びを見せたのはFCセリカだった。
 
 
Img_8651
 
 
 
試合が動いたのは前半3分。
 
ピッチコンディションを見て、いつもより強くボールを蹴り出しながらパスをつなぎコーナーを獲得すると、そのコーナーから崩して得点。
 
コンディションが悪い中でもしっかりと自分たちのストロングポイントで得点を取ることができるのはさすがの一言。
 
 
強いメンタリティーでその後も圧倒した攻撃力を見せ、前半7分、10分と立て続けにゴールを奪っていく。
 
 
 
 
一方のALEGRIAはなかなかピッチに対応できず、FCセリカの前プレに対応できない。
 
 
自陣深い位置でのパスミスでボールを奪われたり、コミュニケーションミス、コントロールミスにつけこまれ、常にゴールから至近距離でシュートを浴びる形となってしまった。
 
 
ゴレイロを中心に、体を張ってディフェンスをするものの、打たれた本数が多いのと、制度の高いシュートが多かったため、前半で6失点を喫する。
 
後半に入ると少しづつ修正をしていく。
 
 
球際のディフェンスを強く行くことで、相手に自由を与えず、体をしっかり付けていくことでシュートを自由に打たせないようにしていた。
 
 
雨でピッチが滑るため、ボールタッチが難しい中での厳しいプレッシャーと、相手が嫌がることを考えてとった修正だった。
 
 
その甲斐あって徐々に、シュートを打たれる距離が遠くなり、体にあててストップできる場面が増えた。 
また、コート中央から攻撃を開始することが できるようになり、相手の裏をとる動きが増えた。
 
相手陣地深くまでボールを運ぶことができていて、得点のチャンスもあったが堅いセリカ守備陣に防がれる。
 
 
対するFCセリカは、数的優位をつくりながら攻める。
 
常に2対1の状況をつくりながら、厳しいプレッシャーをかわし攻め続ける。
 
セットプレーや、セグンドを上手くつかいながら得点を重ね、後半も4得点。
 
 
圧倒的な強さと、メンタリティーを見せたFCセリカが見事に勝利をモノにした。
 
 
 
FCセリカ
 
 
Img_1048
 
 
得点者: #2田口さん #3高野さん×2 #7日比さん #14泉さん×2 #22田口綾さん×3 オウンゴール1
 
 
 
ALEGRIA
 
 
Img_1050
 
得点者:該当者なし
 
 
 
crownMOM FCセリカ #3 高野さんcrown
 
 
 
今日2ゴール!
 
先制点を欲しい時間帯に気持ちで押し込みました!
 
冷静にコースに流し込んだ2点目は技ありのゴール!
 
ディフェンスでも芽をつみとり、流れをせき止めていました!
 

« シーズンスクール2016 第3期③ | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第9節 第2試合 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/64320003

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya 第9節 第1試合:

« シーズンスクール2016 第3期③ | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第9節 第2試合 »