最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 | トップページ | コスモス大会2016 MIX-2 »

2016年10月30日 (日)

Liga Futsal Omiya2016 第10節 第3試合

 

Liga2016embbiggif

 

 

こんにちは!

 

スタッフのトキオです!

 

 

引き続き第3試合のマッチレポートです!

もっちゃん 7-6  Carthamus
両者しっかりとした守備からはいった立ち上がり。
 
 
 
球際のプレスが早く、激しいボールの奪い合いの時間が続いた。
 
組織でのディフェンスがしっかりと機能しており、決定機を作らせない。
 
 
サイドにおいやり、角度のないところからシュートを打たざるを得ない展開が続いた。
 
ゲームが動いたのは前半6分。
Carthamusがセットプレーから見事なセグンドを見せ先制
 
ワンチャンスの決定機をものにする。
 
 
 
追いかけるもっちゃんは得意の個人技で打開を試みる。
ドリブルでディフェンスを引きつけ、フリーの選手を上手く使えていた。
 
 
一時はCarthamusの粘り強いディフェンスに阻まれるが、攻め続けたもっちゃん。
 
サイドで上手く数的優位をつくり、フリーになった選手が冷静に流し込み同点。
試合を振り出しに戻した。
 
 
 
ゴールで勢いにのったもっちゃんは攻撃の手を緩めない。
 
 常に相手の裏をとるポジショニングから崩しにかかるが、パスがあと一歩届かないなど惜しいシーンが目立った。
Carthamusディフェンス陣が自陣深くまでひいてブロックを作っているのを見て、遠い距離から狙うシュートを多用。
 
 
継続した結果、強烈なミドルシュートがネットに突き刺さり、もっちゃんが逆転に成功。その後もカウンターから追加点をあげる。
 
 
点差を離されたくないCarthamusは、前線からプレスをかけて前線でボールを奪取。
冷静にゴレイロをかわして1点を返し、前半を4-2で終える。
 
 
後半開始早々、Carthamusがミドルシュートで1点を返すが、その直後、もっちゃんもミドルシュートで取り返し、ゲームはシーソーゲームとなる。
 
勢いにのったもっちゃんは、積極的にシュートを打って得点を重ねる。
Carthamusもうまくサイドを使ってシュートを放つが、ポストやバーに嫌われなかなかゴールを奪うことができない。
 
 
それても果敢にゴールを狙い続け、1点を返してタイムアウト。
 
 
残り時間での追い上げを狙う。
一歩も引かず攻め続けたCarthamusがカウンターからのコンビネーションで1点を返して反撃。
 
 
1点差に迫ったが、5ファールがたまって厳しいディフェンスに行けなくなったCarthamus。
もっちゃんのドリブルを止められず追加点を許し再び点差を開かれる。
 
最後まで目が離せないシーソーゲーム。
 
 
壮絶な打ち合いとなったゲームだったが、もっちゃんが勝利をものにした
 
 
もっちゃん
Img_8781
 
得点者:#4坂本さん #14しょうさん×3 #18赤羽さん×3
 
 
Carthamus
Img_8780  
 
得点者:#3田中翔太さん #4太田順也さん #10市川恵輔さん #9大山幸隆さん×2 #77 田さん
 
 
MOM もっちゃん しょうさん
 
 
Img_8783
 
 
鋭いドリブルや高いテクニックでディフェンスを翻弄!
 
 
精度の高いミドルシュートでチームを勝利に導きました!!

« Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 | トップページ | コスモス大会2016 MIX-2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya2016 第10節 第3試合:

« Liga Futsal-Omiya2016 第10節 第2試合 | トップページ | コスモス大会2016 MIX-2 »