最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« 雨天中止 | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第11節 第2試合 »

2016年11月20日 (日)

Liga Futsal Omiya 第11節 第1試合

 
 
Liga_futsalomiya2016_bana
 
こんにちは!
 
 
スタッフのトキオです!
 
 
今日はLiga Futsal Omiya第11節!
 
 
まずは第1試合のマッチレポートです!
 
 
気温が低く、霧が晴れない中での1戦、両者どのような戦い方をするのか・・・?
 
 
 
注目です!
 
 
Varootster 7-0 ALEGRIA
 
 
Img_1303
 
前半はALEGRIAが堅いディフェンスでVarootsterに余裕を与えない。
 
 
しっかりマンツーマンマークで自分のマークに責任をもって、いい距離感でアプローチに行くことができていた。
 
マークの受け渡しにもしっかりと声を出して対応することができていて、ゴール前でボールを回させなかった。
 
 
ボールを奪ってから少ないタッチでボールを前に運んでいき、シュートまで持っていくことができていた。
 
 
 
対するVarootsterは、自陣低い位置からボールを回しながら人の動きでマンツーマンマークを剥がしに行く。
 
 
しかし、ALEGRIAのディフェンス陣が自陣深くまで引いて守っていたのでなかなか裏をとることができずに、目線の前で守られてしまったため、チャンスをつくるものの、ゴールを奪えない時間が続いた。
 
 
うまくディフェンスを固められたALEGRIAは攻撃の起点を作るために、中央でボールを受け収めようとするが、サポートが遅く、数的優位を作れない。
 
場面によっては、ダイレクトパスを含め打開することができていたが、打開した先で孤立してしまい、シュートチャンスを作れずにいた。
 
 
 
前半終盤に差し掛かると、ALEGRIAディフェンスが少しづつ乱れ始める。
 
 
人の動きにマンツーマンディフェンスが戸惑い、フリーの選手がではじめると、Varootsterはミドルシュートでゴールを狙う。
 
 
この形を継続した結果、Varootsterが先取点をあげ、その後も見事なパスワークで2点を追加し、3-0で前半を折り返す。
 
 
 
後半は、ペースを握ったVarootsterが徐々に巻き返しを図る。
 
 
前半のミドルシュートを見せたことで、ALEGRIAディフェンス陣を少しづつ前に引き出し、ディフェンスの裏を取り続けることに成功。
 
 
いつものパスワークで崩し始める。
 
特に、サイドの高い位置を取れた時の崩しの精度が高く、常にセグンドを見せながらプレーしていた。
 
 
相手の目線の裏をとりつづけた結果、後半で4得点し、Varootsterが勝利した。
 
 
Varootster 
 
Img_1302
 
得点者:13石橋さん 10酒井さん×2 22宗像さん 20田嶋さん 7羽生さん
 
 
ALEGRIA
 
Img_8946
 
 
得点者:該当者なし 
 
MOM Varootster #7羽生さん
Img_8947
 
長い出場時間でも落ちない体力!
 
攻守に渡って身体を張って1ゴールもあげ、大活躍でした!
 
 
 

« 雨天中止 | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第11節 第2試合 »

Liga Futsal Omiya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62819/64518050

この記事へのトラックバック一覧です: Liga Futsal Omiya 第11節 第1試合:

« 雨天中止 | トップページ | Liga Futsal-Omiya2016 第11節 第2試合 »