最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« プリムラ大会 4部 | トップページ | 火曜日の個人参加 »

2019年5月28日 (火)

ブランチスクール ”タマケリーニョ”

2019_31

こんにちは。

お久しぶりです。担当コーチの酒井です⚽

コーチ研修の為、先週1週間いなかっただけなのですが、

なんだか、本当に久しぶりだな~と感じながらのスクールでした(笑)

本日は15名の方にお集まりいただきました。

20190528_1240421305x734

ありがとうございました!

 

本日のテーマ
『サイドの1対1突破~シュート or セカンドポスト』
 
①W-up
・ドリブル&ボール交換(呼吸循環・筋を温める)
・ボールフィーリング(関節可動域を広げる意識で)
 *リフティング/雪だるま/背面キャッチ&背面スロー/間接視野
・ALA位置 1対1 シュート(パワー・スピード系のアップ/フットサル的なアップ)

②TR:ALA位置  2方向ゴール 1+1対1+GK
<1対1のシーン>
*FIXOはALAへパスを出した後セグンドへ
*パスをもらったALAは、左/右どちらかの方向へ突破をかける
 #左右に相手をふって、突破
*守備者は規定位置まで寄せてから突破を阻む
<突破後のシーン>
*攻撃)シュートかセグンドへシュートパスか外した相手が戻る前に決断
*守備)セグンドパスを切るのか、シュートを防ぐのか?決断
*GK)切り方によって、自身の担当を決める(シュートブロックか、セグンド対応か)
<フィニッシュのシーン>
*攻撃)GKを見てしっかりとコースを狙う
*攻撃)セグンドの選手も有効なパスラインを意識したランニング
*守備・GK)突破後の時点で決めた役割を遂行する
 
③ゲーム

3チーム、3分、勝ち残り。
引き分けは挑戦者勝ち。女性ゴールは2点

20190528_1156351305x734

20190528_1159091305x734

以上の内容で行いました。

 

本日のテーマは、『サイド(ALA)位置の1対1とシュートorセグンドパス』ですので、そこを感じていただければOKですが、

実は、さらに掘っていくと・・ 
「サイドの突破からの攻撃パターンの意識づけ」であり
結果的には、「アイソレーション」という戦術につながっていきます。

ゲームの中で、サイドで1対1を意識してボールを受ける。また、それを周りの仲間も意識している。
そうすると、チームでの戦い方、つまり戦術として成り立ってきます。

戦術の言葉でいうと『アイソレーション』
※アイソレーションとは、1対1の強い仲間に勝負させるためにスペースを作って勝負させる集団戦術です。

動画から、ただ勝負させるだけではなく、セグンドや、その他の選手がしっかりとパスラインを意識し、相手守備の監視下に入らないところでポジションしているのを感じていただけるかと思います。

選手が考える基準をつくることができるもの、それが戦術です。
”戦術”嫌だ・・・ではなく、基準を知る事と考えていただくと、苦手な人は、少しアレルギー反応が減るかもしれませんね~

本日のトレーニングで言うと、
ALAで勝負だな~、じゃあ、ここでボールを受けてシュート打とう!とか、この辺にパス来そう~とか考えること。
それが出来ていれば、既にアイソレーションは意識できているということになります。

良く皆さんに質問される『ポジショニングがわからない?』の答えが出てくるのかな?と思います。

 

余談が増えましたが、サイドの突破、それに付随する、意識の発展。

是非、感じていただければと思います。

 

本日は、お疲れ様でした~~!!

 

研修帰りなので、ちょっと、文章が重いですかね(笑)

« プリムラ大会 4部 | トップページ | 火曜日の個人参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリムラ大会 4部 | トップページ | 火曜日の個人参加 »