最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« シーズンスクール | トップページ | 火曜日 個人参加 »

2019年12月17日 (火)

ブランチスクール ”タマケリーニョ” 雨天中止⇒ブログでイメトレ!!

2019_20191024123901

こんにちは。

コーチの酒井です。

本日は、雨のために中止となってしまいました。

 

多くの方にご予約をいただき、お問い合わせをいただきました。。。

本当に申し訳ございません。

 

さて、せっかくですので、

11月からチャレンジしている、2人組の戦術。

Youtubeから少しだけ動画をお借りして、ご紹介しておきます。

プレーができない時は、イメトレ!!

よろしくお願いします。

 

①バ!!
日本語では、『行け!』ですね。
裏へ走れ!!って気持ちの声出しですよね。

※東京の強豪でFリーガーも多く排出している FootBose さんの動画です。豊田さん!お借りします!!

 

 
② パラレラ&ジアゴナール(ダイアゴナル・ジャグナウ)

 

※Fリーグ バサシィ大分の動画です。
出演者の狩野新選手(コーチ)は、指導者研修の際の同期です。アラタ君、動画借りま~す。


関連 小さなジアゴナル(ケブラの動き とも言います)
タイトなマークの守備者を瞬間的に外側に開き外して、守備者と自分の前に小さいスペースを作り、ボールを受ける。
⇒前にボールを進めることができるボールの受け方になる。

※FootBoseさんの動画を再度拝借。豊田監督、スミマセン。

 

③カーテン
ボール保持者の前を横切り、相手守備をボールに寄せさせない。
⇒ ボール保持者が、守備に影響されず正確にプレーできる。
⇒ カーテン実行者がコンティニュー(ボールを受けるプレーを続ける)ことで、小さい2対1の局面を作る。

 

※動画作成者は、Fリーグ 湘南ベルマーレの村松コーチ。この方も、コーチ研修の時の同期です。ムラ!動画借りますね~

 

④ブロック

※条件下はいろいろありますが、仲間にドリブルのコースを作ってあげる為に、相手守備者と重なる動きをするプレー。
この動画の場合は、自身がドリブルしていたら、守備者が同じ矢印になったので、ボールを仲間に預け、自身の守備者を引き連れながら、ボール保持者になった仲間の守備をブロックし、中央のスペースへのドリブルを促すプレーです。

 

 

関連で 『ブロック&コンティニュー』(ピック&ロール=バスケ用語)

※相手守備がマークの受け渡しをしようとしていたので、瞬間に判断し、ブロックした後にパスを受ける動きを続ける(コンティニュー)を行った。

 

※またまたFootBoseさんの動画をお借りしました。豊田さん、お借りします。

 

⑤アラコルタ
裏を狙う動きに相手がついてきたところで、瞬間的に方向を変え、守備のライン間でボールを受ける。

 

⑥バックドア
一気に守備の背後にある空いた(意図的に空けさせた)スペースを狙う動き。
PIVOのバックドアと、その他のバックドアが入ってます。

 

 
⑦オーバーラップ
色々なことが入っている動画ですが、最後のPIVOの外側を回ってシュートを打つシーンがオーバーラップです。
ボール保持者の後ろを、ボール保持者に対する相手守備者にわかるように追い越す動きをし、1.相手を迷わせる、2.局面2対1を作る、3.スペースを突くといった効果がある動きです。

 

⑧クロス(クルーザ・スイッチ)
相手と交差する動きで相手を惑わす。素早いボール交換で相手の守備の出足のタイミングをズラす。

※またまた、湘南ベルマーレコーチの村松さんの動画。ムラ!お借りします!

 

⑨パスゴー(ワンツー・ウンドイス)
ボール保持者がしっかり守備をひきつけたところで、サポート選手を使ってのワンツーで裏のスペースへ
動画では、サポートの仕方にも注目してください。

 

以上です。ジアゴナルとパラレラを一緒に紹介したので9項目になりましたが、11月からトレーニングした、2人組の戦術行為10項目、一応全て網羅できたかな?と思います。

 

私の説明や練習だけでは、イメージが取れない方もいると思いますので、是非、動画を見てください!!

« シーズンスクール | トップページ | 火曜日 個人参加 »

ブランチスクール”タマケリーニョ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シーズンスクール | トップページ | 火曜日 個人参加 »