最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« 個人参加 | トップページ | 1/24(日)週末個人参加 雨天中止 »

2021年1月23日 (土)

シーズンスクール 第3期-④

2019_20200627113501


こんにちは。


担当コーチの酒井です。


本日は、26名の方の参加となりました。


ありがとうございました。


 


今期は3人組のプレーを学んでいただいております。


・トライアングル
・3 on Line (Sair サイ)
※3 on lineの真ん中の選手が抜ける動きを”サイ”といいますが、ポルトガル語で「出ていけ!・行け・邪魔!」という意味の”Sair(サイ)”の由来で、中の選手に抜けることを意識させる言葉”Sair”から、サイという戦術的なワードとなっております。
  
を使って、3人を感じることを含めながら、タイミングと技術発揮を意識していただいております。
 
 
①W-up&基礎練習
3人組パス交換
・インサイドパス
・オリエンタード
・フェイクオリエンタード
・ボールアタックトンパ
・クローズコントロール
・オープンコントロール
 
②2対1 ボール回し
・ワンツーをねらおう
・ワンツー条件を作る
・ワンツー条件を切られたらドリブル
 
③2対2 シュート練習
オフ・ザ・ボールの選手の・・・
・パスレシーブのタイミング
・折れる動きのタイミング 
2人組の戦術行為
  
④移動ロンド(3対2+1)
目的:認知・決断・実行
※3人組を感じながらプレーする。
・トライアングル
・3onLine
💡底辺の広さがポイント
  
⑤3on Line 形成ドリル
・偽PIVO・ウィークサイドパラレラローテーションからの3onLine
・軸替え
・偽PIVO・ウィークサイドパラレラローテーションからの”L”
 
⑥ゲーム
 

以上の内容となりました。


難しく感じる方も多いかと思いますが、まずは
『仲間を意識しながらプレーをする、そしてタイミングを合わせる』
部分を練習しているということを、再度、ご確認を! 
3人組を意識しながら、ゲームの中で下記の癖づけができてくればと思っております。
・自分はコートのどこに立っていて
・仲間はどこにいて
・相手守備はどこにいる
ということを感じることを意識する。
これをプレー中の習慣化していただくことを、その中に3人組があり、
テーマを学びながら身に着けていければと思います。
特にオフの時に、感じながら状況を作る動きに入ることを求めていこうと思います。
  
さて、今期のテーマの戦術的な動き”3 on Line”の形成にはいろいろな形があります。


 
3 on Line (サイ)の形 ~皆さんが練習してきている形の(例)

相手守備が引き気味で、あまりこないので、3人並ぶ形を形成しながら、ブレイク(=動きをしかける)を行っていく形ですね。
  
練習している形 3 on Line ~ 中央がボールを持っていく形 
 
 
 
※戦術ボードで説明してくれている動画はコチラ
 
今、練習している形からのオプションをボードで教えてくれています。
 
 
下記は、動きの強い試合の中で、3ラインの形成のための工夫をいれている動画の紹介です。

ラインカット(線の間に入ってくる※線を切る動き)を使った3ライン形成が動画中に何個かあります。
ボランチ(中央へ降りてくる動き)という動きを使っています。 
目的が、現在スクールでやっている前進とは違ってきている場面もありますが、
ライン形成という部分での工夫として見ていただければと思います。


 


本日は、雨で、ボードを使ってのご説明がなかなかできなかったので、ブログで補足させていただきました。


参考、復習になれば幸いです。


また、再来週!お待ちしております。


  

« 個人参加 | トップページ | 1/24(日)週末個人参加 雨天中止 »

シーズンスクール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個人参加 | トップページ | 1/24(日)週末個人参加 雨天中止 »