最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« ドイツ語いきなり一言講座 2 | トップページ | 個人参加 »

2021年6月 1日 (火)

火曜 ブランチスクール タマケリーニョ (担当:酒井コーチ)

2019_20200206124401

こんにちは。

担当コーチの酒井です。

夏が近づいてきたな~という空と気温、そして湿度

そんな中、19名の方が集まってくれました🎵

20210601_125124_hdr_copy_1305x734
ありがとうございました。
※写真は映れる方だけで構いませんので11名で📷撮影。( ̄ー ̄)ニヤリ

 
さて、6月に入りましたので、TRメニューを一新しました!!
 

今月のテーマ『相手の背後を突く』

守備を剥がしてゴールに向かい前進し、ゴール近くで数的優位を作ろう!ということを目的にしていただきます。

本日はそのプロローグ。


①W-up1
・ドリブルでラニニング
・スペースを感じながら
・人を感じながら
#強く移動
#止まる

②W-up2 4対2 ロンド(トランジション付) 
・守備は奪ったらパス交換 or ドリブル脱出
・攻撃はミスしたら守備に切り替え取り返す 

  
③守備の背後を突く サイドでのプレ-ドリル(1人~2人組)

(1)1対1での縦突破 or カットイン

・フットサルタッチ~GO
・フットサルタッチ~縦フェイクからのアウトサイドを使ったカットイン

(2)ワンツー
・守備をひきつけて
・アウトサイドでのワンツー要求パス
・リターンのパスは前を向かせるリターンで
#小さい三角形を
#サポートの位置
#遠い足
  
(3)パラレラ
・守備の位置を観て
・少し浮かせながらサイドラインと平行に
・レシーバーはボール先行でゴールを観ながらプレーできる
#小さいパラレラは守備者の背中ギリギリを1/4円を描くように
#前を向こう

20210601_115308_copy_1024x576

(4)(1)~(3)を使って、実践的な勝負を
・守備の向きと距離を感じながら
・仲間とのタイミングを観ながら
・守備の背後を完全に取ろう
 
④ゲーム
・相手の背後を取ることを、仲間と感じながら

 

以上の内容となりました。
 

本日はプロローグという事で、まずは、個々の突破のための技術を

そして、2人組で起こすアクションで、フットサルの代表的な戦術である、ワンツーとパラレラ練習しました。

共に、ただやるだけでなく、条件付け(守備がボールに寄っていて背後が出来ていること)して

そこで、守備の向きを観ながら、プレーの選択を行うことが大事であることをお伝えしました。

 
背後を突くという事は、相手を置き去りにするということになり

その後のプレーで数的優位を作れるという事につながります。

⇒ 大チャンスを作るプレーなのです!!!!!!!!

 
是非、今月、この感覚を獲得していただければと思います!

 

次回もお待ちしております!

« ドイツ語いきなり一言講座 2 | トップページ | 個人参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ語いきなり一言講座 2 | トップページ | 個人参加 »