最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« ドイツ語いきなり一言講座 15 ~カール!ハインツ!シュナイダー!!の巻~ | トップページ | 個人参加 »

2021年9月28日 (火)

火曜ブランチスクール タマケリーニョ!

2019_20200206124401

コーチの酒井です!

本日は16の方にご参加いただきました。

20210928_124644_copy_1305x734
多くのご参加、ありがとうございました。
※この写真のポーズは一体!?
 
さて、現在のテーマは 『背後のスペースを突く』
その中に、技術的な要素として、逃げるコントロールを入れております。
文章で説明すると長くなりますので・・・
興味のある方は、是非、ご参加いただければと思います。
 
★本日の練習★

W-up:脳トレ
3~4人組でのパス交換
・目のトレーニング
・目から入った情報の作業順計算
・脳に負荷がかかっている状態での技術発揮
 
TR1:基礎トレ
逃げるコントロール 2つの選択肢
・ダラダラと対人しない
・決断と実行を繰り返す
・確実なプレーの選択
 
TR2:ALA1対1+ サーバー
背後を突くのか?・維持のパスか?
・守備のベクトルの強さ、位置関係での決断
・背後を意識して
 
TR3:2対2(ゾーン指定)
背後を突くのか?・維持のパスか?
マークを常に受けている状態でプレーを続けよう
※やるプレーはTR2と同じですが、ボールを持つと守備者が来るので、そこに脳を使いながらプレーする。
・選手間の距離と守備者同士の距離を感じる
・ミート・ザ・ボール
・ライン間を使った背後パス
・ライン間を意識しさせてのドリブル突破
 
GAME 2チームでの対戦
チームとして、じっくりと戦っていただきました。

 
以上の内容となりました。

ゲームでは、ボールを簡単に失うと、シュートの権利を失います。

奪われないように、ゴールに近づき、ゴールを決める!

これが、フットサルのゲームでの目的です。

 
シュートを打つとき、なぜ入らないのか?

きっと、守備者に邪魔されたり、慌ててけったり、そもそもパスを取られたり。。。

では、カウンターはなんで入るんだろう。

それは、守備者が遅れているから、スペースと時間があるから。

 
人数をかけて攻め込んでいるとき

得点を取るには、シュートを打つ時間と場所が必要になります。

つまり、守備者を、シュートを打つ場所から引き出さないといけません。

 

TR2/3のトレーニングは、裏取りゲームと呼んでおりますが

相手守備を逃げるコントロールと、横パスを使って引き出して背後を取っています。

ゲームの中でも同じです。
 
みんなで、知恵を絞ってボールを動かし

守備者を動かして、空いたスペースへミートザボール。

ゴール前でこれがおきれば、きっとシュートは冷静に打てますね。

 

今月の目標は、ゲームでのこの部分です。

また、お待ちしております。

« ドイツ語いきなり一言講座 15 ~カール!ハインツ!シュナイダー!!の巻~ | トップページ | 個人参加 »

ブランチスクール”タマケリーニョ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ語いきなり一言講座 15 ~カール!ハインツ!シュナイダー!!の巻~ | トップページ | 個人参加 »