最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

« 週末個人参加 | トップページ | 初級者スクール50回目開催! »

2021年11月 6日 (土)

大人の朝練! スポットスクール ~酒井コーチ~

2019_20190706123701

こんにちは。

本日、大人の朝練 スポットスクールを担当しました、コーチの酒井🐶です。

朝から23名の方とフットサルの練習を楽しみました🎵
20211106_104052_copy_1305x734  
ありがとうございました🎶



★今日のトレーニング★

①ライフキネティック(飯塚インストラクター)
”複合”(いろいろな情報を一緒に処理する)
 
②総合的なW-up
コーン移動ドリブル&パス
※各コーンは二人までしかいられない。
・パス(キック:軸足を置こう/転がしてキックで体重移動=オリエンタード)
・ドリブル(観ながらドリブル)
・トンパ(トマル技術)
・タイミング(仲間とコミュニケイトしてパス)
・観るタイミングは、事前に
・〇〇しながら観る
・観る(スペース=空きコーン)
 
③二人組戦術のドリル
※背後を取るためのアイディアを身に着ける
※仲間のボールを奪わせない工夫

・ワンツー
※ボールに対しての守備者を二人で作る三角形で無力化する
※守備者にボールにチャレンジさせたところで、一気にパス&ゴー
 
・パラレラ
※縦のスペースへボールを受ける動きをする
守備者がついてくれば、ボール保持者は中の空いたスペースへドリブル
守備者が遅れたら、パラレラ(縦パス)を出す

・カーテン&コンティニュー
※守備者の前を横切り、ボール保持者のプレーを助け、その後、スペースでボールを受ける動き
守備者の迷いをついて、一気にスピードを上げましょう!
 
④実戦的な対人でのトレーニング
3対2+PIVO&GK
・PIVOへの縦パスと、スペースへの侵入を考えて
・フリーの選手はゴールへ近づくプレー(シュート)を考えて
 
⑤ゲーム
失敗を恐れずに背後をねらったプレーをしてみよう!!
 
 
以上の内容となりました。

 

経験の長い皆様には、よく知っている当たり前の戦術行為であるかと思いますが

細かい部分での確認が再度、できたのではないでしょうか?

また、レベルアップを目指す初級者の皆様には、背後を突く動きの種類として、

1つでも覚えていただければよかったかと思います。

 
戦術行為はパスのタイミング(パスを出さないことも含めて)で成り立つ部分があります。

自身の動き一つでは、なかなか難しく、仲間と息を合わせて、空いている場所を感じながらプレーすることで

つながってくると思います。

ワンツー・パラレラは、守備者の背後のスペースを感じていないと出ないプレーです。

そのスペースは見ようとすると、勝手に見えてきます。

言い換えれば、戦術を意識すると、裏のスペースがみえるようになるとも言えます。

 
裏のスペースは、相手ゴールに近づくために、非常に有効な場所です。

是非、うまく利用して、待ち伏せでなく、動きながら侵入しパスを受けるようなことを

意識していただければと思います。

 

本日はありがとうございました。

« 週末個人参加 | トップページ | 初級者スクール50回目開催! »

スポットスクール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末個人参加 | トップページ | 初級者スクール50回目開催! »