最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2021年3月 2日 (火)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200528131801

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は暖かい気温でしたが風が強かったです。そんな中、17名の方が参加してくださいました。ありがとうございます!




今回のテーマは「遠い足」でした。


W-up
ドリブル、足裏ターン(フロント、バックターン)などの基礎技術

TR1
1対1+フリーマン

TR2
2対1対1 シュートゲーム

ゲーム


以上の内容で進めさせていただきました。
フットサルはサッカーに比べてスペースがなく、DFとの距離が近いので遠い足でプレーすることがボールロストを減らす大事な技術なので今回のテーマにさせていただきました。
DFとの距離が1m近くの距離では常に遠い足でプレーすることを心がけしてください。そしてドリブル中はDFの位置が自分の前にいる場合は後ろ足で遠い足で、自分と並んでいる場合はボールを触る足を持ち替えて反対足で遠い足をつくりましょう。
キープの姿勢で遠い足をつくる場合は、コート全体が観える方向に体の向きを変えてプレーをするとプレーの選択肢が増えます。

2021年2月25日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200528131801

こんにちは、スタッフのケントです!
今回は13名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!




今回のテーマは「ピサーダ」です。
ピサーダは自分の後ろの選手にヒールでボールをパスする個人戦術です。

W-up
ドリブル、ボール交換、基礎技術+脳トレ

TR1
ピサーダを使ったシュート練習

1、真ん中の選手がサイドの選手にパスしてカーテンをかける。それと同時に受けた選手が中にドリブルして入れ替わったところでピサーダ⇒ピサーダした選手がDFの裏に走りバックドア⇒シュート
2、ピサーダした選手が折れてサイドの選手とワン・ツー⇒シュートorセグンド

TR2
2対2+2フリーマン
※特殊ルール付、フリーマンの行動に制限有り

ゲーム


以上の内容で行いました。
今回、お伝えした「ピサーダ」はぜひ2人組の関係(戦術)とセットで覚えていただけるとゲームで使うときに困らないと思います。本日はバックドアとワン・ツーを例でお伝えしましたが、カーテン⇒ピサーダやピサーダ⇒パラレラなど他の2人組の関係とも組み合わせるのも効果的だと思います。
技術的な部分だとDFから遠い足で中ドリ、ピサーダを行うとボールロストが減ります。大きく中ドリ(オリエンタード、ボールアタック)することでカーテンしてくれた選手のコンテニューする時間が稼げるので次に繋がりやすくなります。

2021年2月18日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は11名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!



今回は「ボランチ」をテーマに行いました!


W-up
インサイド、アウトサイド、スプーンキックなどの基礎技術+脳トレ

TR1
ドリルトレーニング

TR2
3対2+フリーマン+ゴールマン⇒レベルアップ⇒3対3の2ゴールゲーム

TR3
4対3

ゲーム


以上の内容で行いました。
今回の「ボランチ」は味方のサポート+定位置攻撃の修正を行うときに使われる戦術です。
「ボランチ」を行う中で強く意識していただきたい部分は受け手の方は、ボールホルダーに対するDFの強度やポジショニング、味方のポジショニングを観てボランチを選択するのか、違うプレーを選択するのかを判断することと、受ける際の自分の体の向きです。出し手はボールを奪われないボールの持ち方(例えばビーラやヘチーラ)やパスの出し方(少し浮かすなど)の技術発揮です。

2021年2月11日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は祝日ということもあり20名の方が参加してくださいました、ありがとうございました!




今回のテーマは「マークの外し方とその方向付け」です。


W-up
ドリブル、ボール交換+脳トレ

TR1
3対1⇒レベルアップ⇒3対1(2+1対1)

TR2
2対2+2フリーマン
※FP同士でパス2本⇒フリーマンを付けばゴールできる権利を得られるルール付

TR3
3対3 ドリブルゴール




以上の内容で進めさせていただきました。
まず、マークの外すためにはフェイクやケブラ、緩急を使うことでマークを剥がしやすくなります
どの方向にマークを外して進むかを判断するときはボールホルダーに対してのディフェンスがタイトなのかルーズなのかを観て方向を判断しましょう。
ディフェンスがボールホルダーに対してタイトだった場合はサポートするためのマークを剥がす動きを入れ、ルーズだった場合は裏のスペースを突くために突破するためのマークを剥がす動きを狙うことを今回は紹介させていただきました。
今回のテーマの「マークを外す」はスペイン語で「デスマルケ」といいますのでこっちが馴染み深い方もいるかと思いますが今回は分かりやすく言葉を換えさせていただきました。


2021年2月 4日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200528131801

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は快晴で過ごしやすいなか14名の方が参加してくださいました、ありがとうございました。


今回は「2人組の関係、シュート」をテーマに進めさせていただきました。

W-up
ドリブル、基礎技術+脳トレ

TR1
1対1

TR2
2対1

TR3
2対1+1

ゲーム


以上の内容で行いました。
ゴール前の1対1の目的はシュートです。突破してシュートの選択はもちろんですがフットサルはスペースがないので突破をせずにシュートを撃つ選択肢も必要ですので紹介させていただきました。
2人組の関係のポイントはボールを持っていない選手がアクションを起こすのをスタートにブレイクをかけていきます。
2人組の関係では11月のタマケリのテーマであった「サポート&リスク」とリンクする部分がたくさんありますのでコインを使ったりして頭の中でパズルのように組み合わせてみてください!

2021年1月28日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200528131801

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は13名の方が参加してくださいました、ありがとうございました!


今回のテーマは「オリエンタード(+リテイク)」でした。


W-up
ドリブル、ボール交換、お遊びで足裏ターン、オコチャダンスやスライドタッチ

TR1
4対2ボール回し

TR2
3対2+GK

ゲーム
※1巡目はダイレクトプレーなしの特殊ルール付


以上の内容で行いました。
オリエンタードは「プレーの方向付け」の意味を持ちます。ダイレクトのプレーもタイミングが合えば良いプレーにつながりますが、合わなければロストしやすいプレーになってしまうのでオリエンタードでタイミングを合わせることをオススメします。
今回はもう一つ、リテイクの部分もお伝えさせていただきました。ファーストコントロールで「自分がDFの影響を受けている・味方が準備が出来てない」の状況になっていたらリテイクをかけましょう。そして、もう一つ。自分からリテイクに持ち込む場面(例えばオリエンタード⇒シュートのタイミングでDFを誘ってリテイクをかける)もあるので頭に入れてもらえると幸いです!

2021年1月21日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は10名の方が参加してくださいました、ありがとうございました!



今回はボールキープをテーマに行いましたが「前を向きながらボールキープ」の部分を細かくお伝えさせていただきました。

W-up
ドリブル、基礎技術+脳トレ

TR1
1対1+フリーマン

TR2
2対2

ゲーム
※コートを狭くした変則ゲーム


以上の内容で行いました。今回は”前を向きながら”を強くお伝えさせていただきました。理由としては、前を向いていることでゴールに繋がるプレーを考えながらキープできること・味方の動きなおす時間をつくる+味方の動きが観れる・最後はDFが取りに来たら突破できやすくなるからです。この3つ利点が詰まった技術が「ヘチーラ、後ろの懐」です。そして、この2つの技術とセットで使えるのが「V字コントロール、ロールインサイド」です。
最後に”距離”のこともたくさんコーチングしました。「2~1.5mはDFと常に保つ」とお伝えしましたが人の足は基本1~1.5m伸びます(アフリカの方ぐらいですかね、それ以上に伸びるのは笑)。なのでその距離に入ると取られやすくなるので、距離感を常に2m弱は保ちましょうということです。突破するときも距離を取った状態で突破できることが理想ですね。
ぜひ、チャレンジしてみてください!

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は10名の方が参加してくださいました、ありがとうございました!



今回はボールキープをテーマに行いましたが「前を向きながらボールキープ」の部分を細かくお伝えさせていただきました。

W-up
ドリブル、基礎技術+脳トレ

TR1
1対1+フリーマン

TR2
2対2

ゲーム
※コートを狭くした変則ゲーム


以上の内容で行いました。今回は”前を向きながら”を強くお伝えさせていただきました。理由としては、前を向いていることでゴールに繋がるプレーを考えながらキープできること・味方の動きなおす時間をつくる+味方の動きが観れる・最後はDFが取りに来たら突破できやすくなるからです。この3つ利点が詰まった技術がヘチーラ、後ろの懐です。そして、この2つの技術とセットで使えるのがV字コントロール、ロールインサイドです。
最後に”距離”のこともたくさんコーチングしました。「2~1.5mはDFと常に保つ」とお伝えしましたが人の足は基本1~1.5m伸びます(アフリカの方ぐらいですかね、それ以上に伸びるのは笑)。なのでその距離に入ると取られやすくなるので、距離感を常に2m弱は保ちましょうということです。突破するときも距離を取った状態で突破できることが理想ですね。
ぜひ、チャレンジしてみてください!

2021年1月19日 (火)

タマケリーニョ 火曜日!

2019_20200206124401

こんばんは。担当コーチの酒井です。

本日は18名の方に集まっていただきました。

多くの方のご参加、ありがとうございました。
 
緊急事態宣言下によるスクールということで、感染拡大対策も意識しながら開催させていただいております。
 
 
☆本日のテーマ☆
『ボールレシーブ&ファーストコントロール』
ボールを失わないために、ボールを正確に触る。
⇒ ”守備が届かずに自分がプレーできるところにボールを置くこと”
 
①W-up
”みんなでハンドパスゲーム”
(制限ルール)
・ドリブル禁止
・パスは地面に落ちてはだめ・頭越えパス禁止
・コロナ時期なので、カットはインターセプトのみ
・ゴールはラインゴール ポートボール方式
 ※目的:ポジショニング・体の向き・コミュニケーション
 
②足裏コントロール&インサイドパス
・インサイドキック(軸足・面)
・様々な足裏コントロール(膝の動きを使った可動域 / カカトへの動き)
 
③プレッシャー&コントロール
・守備のプレッシャーを受けながらコントロールしパスするドリル
※ボールを置く場所、パスは近くでなく遠くを目指す
※相手の届かない場所へのコントロール
※なるべくバックパスしない。できれば守備者背後へパス
 
④ゲーム(1)6対6 GKなし
・4本パスを回したらシュート
※スペースのない中で、ボールコントロールにこだわってもらうゲーム
 
⑤通常ゲーム
・ファーストコントロールにこだわって 
 
 
以上の内容になりました。
 
今日の私は、非常にしつこく、ボールの置く位置についての意識をお伝えしていきました。

いいコントロールがあると、プレーの予測、特にパスの予測がつきやすく、受けやすくなります。
 
また、相手に取られない中という確信の中でプレーすることで、技術発揮がしっかりできます。

 
是非、ボールの最初のコントロールをどこに置くのかということ

意識してみてくださいね。

 

また、お待ちしております。


 
 
 

2021年1月14日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401
こんにちは、スタッフのケントです!
本日は12名の方が参加してくださいました!ありがとうございます。



本日は「ジアゴナル、エル、サイ」をテーマに進めさせていただきました。

W-up
ドリブル、足裏ボールコントロール

TR1
ジアゴナル⇒シュート

TR2
ジアゴナル⇒キャンセルしてエルorサイ⇒シュート

ゲーム

以上の内容でした。
今回は「ジアゴナル」を狙いにプレーした祭のキャンセルで「エルorサイ」にプレーの変更までをお伝えさせていただきました。
今回の戦術で大事なのはタイミングとボールコントロールです。その中でもボールコントロールが大事になります。
「ボールの置き位置、落とす角度、落とし方、パスの出しどころ」4つを本日は細かくお伝えさせていただきました。少しでも伝わっていれば幸いです。ぜひ、チャレンジしてみてください!

より以前の記事一覧