最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2021年9月16日 (木)

木曜 ブランチスクール タマケリーニョ !(酒井コーチ代行)

2019_20200206124401

こんにちは。

ケントコーチが研修でお休みのため
今日の木曜タマケリを代行いたしました、コーチの酒井です。
 
本日は15名の方が参加してくれました。
20210916_124908_copy_1305x734
大勢のご参加、ありがとうございました!!!
※写真は写れる方だけでOKです。
 
 
私自身、久々の木曜日ということで、新鮮な気持ちで担当させていただきました。
なので、テーマも1Day方式で、1話完結、今日のみのメニューとしました。
  
本日のテーマは  『PIVO当て ~縦パスを受けよう/スペースを感じ使おう』
フットサルは、前に進んでゴールを目指すスポーツです。
・縦パスを良いタイミングで受けプレーする。
・縦パスを受ける選手を意識させといての、相手のケアのないスペースでボールを受ける
これは、攻撃の鍵となるプレーですので、その辺を体験いただく時間になったのであれば幸いです。

 


①W-up ”脳トレ”
ボール交換で脳トレ
・作業優先順位
・間接視野
・予測
 
②TR1:縦パスを受けてプレーする
・逃げるコントロール
・並行位置の遠い足からのターン
・バックドア~裏の広いスペースへ駆け抜ける
 
③TR2:PIVO当て
2対1+1対1(ボールゴール)
・PIVOへボールが当たったらシュートOK
・縦パスを出した選手がオフェンスゾーンへ入れる
※PIVOは、TR1の内容を使って、優位にボールを受ける。
※パサーは、1人の守備にボールを取られないよう、スペースと時間を作ってボールを受ける
 
④TR3:PIVO当てorスペース(偽PIVO)
2対1+1対1(ボールゴール)※偽PIVOゾーンあり
・TR2トレーニングルール
・偽PIVOゾーンにPIVOが入ったら、空いている前方のスペースに攻撃も守備も侵入可
※PIVOはスペースを作ったことを感じる
※広いスペースへの侵入を考えてプレーする
※Meet the ball ボールと出会うタイミングでスペースへ入る。ボールを待たない。
 
⑤ゲーム
 
 
以上の内容となりました。

 
楽しみながら、学びのある時間になりましたでしょうか?
いろいろなコツや、作業の優先順位、観るべきものを明確になるように
トレーニングさせていただきました。
何かの参考になったのなら幸いです。
 

さて、”目で見て考えながら動く” 
これを行うには、脳の作用も重要になってきます。
ケントコーチが受けにいっている講習会は、まさにその部分のトレーニングを有効に行うもので
注目されているトレーニングです。是非、来週以降、そのメソッドが活かされてくるはずですので、楽しみにお待ちください。
 
 
久々の木曜日、皆様のおかげで楽しく過ごせました。
  
ありがとうございました。

2021年9月14日 (火)

火曜 ブランチスクール タマケリーニョ

2019_20200206124401

こんにちは。

担当コーチの酒井です。
 
めっきりと動きやすくなってきましたね。

本日は18名の方にご参加いただきました。
20210914_125445_copy_1305x734
ありがとうございました。

スクール終了後に伺ったのですが、今日はコウジさんのお誕生日だったそうです。

お誕生日、ご夫婦でのご参加、ありがとうございました! そして、おめでとうございます!!

ゲームも同じチームで、奥様の位置を常に意識しているコウジさん、素敵でした!!

 

本日のテーマ『逃げるコントロールを身に着ける』
相手と離れるコントロールを使って、『相手を引き出し、背後を突く』というところまで、狙えるように練習できればと思います。
 
①W-up  脳トレ
・思考と運動の結びつけ
・情報整理
 
②基礎トレ
・オリエンタード
・スペースメイクとミート・ザ・ボール
 
③逃げるコントロールドリル
・逃げるコントロール
・サポート
・パスライン
 
④TR1:1対1+FM
・後ろのスペースへの狙い
・ドリブル
・ワンツー
・バ
・相手を引き出す
・パラレラ
・中ドリ
 
⑤TR2:2対2
・背後のスペースを意識して
 
⑥ゲーム
 

以上の内容となりました。
  

裏を取るための仕掛け良くなってきました。

2対2でも、結局同じですし、ゲームでも同じです。

時間とスペースをしっかりと作り

仲間とのタイミングを合わせやすく、また、技術を正確に出せるよう

意識してプレーすることをスタンダードにしてみましょう。

 

今月の火曜日は2対2の部分を多く練習したいと思います。

 
さて、今週木曜日タマケリは、ケントコーチがお休みなので、私が代行をさせていただきます。

久々の木曜で緊張しています。

皆さまのご参加、お待ちしております

 

本日の動画、スマホの調子が悪く、アップができておりません。

申し訳ございません。後日、チャレンジしてみます。

よろしくお願いいたします。

そろそろスマホ買い換えないと・・・かな。。。。

2021年9月 7日 (火)

火曜タマケリーニョ(ブランチスクール)担当:酒井コーチ

2019

こんにちは。本日、担当コーチの酒井です。

本日は12名の方のご参加いただきました。
20210907_124811_copy_1305x734
 ありがとうございました。
 

今月のテーマ 『スペースでボールを受ける』
※先月の内容をもう少しとリクエストがありましたので、もう少し続けます!


TR1 脳と運動の連携
・2人組 ボール交換(手⇔手)
・2人組 ボール交換(足ー足&手ー手 ※重なり禁止)
・作業序列整理と運動発揮
・6人組 手ボール3と足ボール1の交換
 
TR2 次のスペースを感じて
★1vs1+サポート(ALA-FIXO間コンビネーション練習)&シュート!
・ドリブル縦突破
・ワンツー or バ!
・パス3本で勝ち
※逃げるコントロール
※角度マイナスサポート
※狙うは守備背後のスペース
※守備者とベクトルが揃ったら変える
※基礎技術の徹底(トメル・ケル)
 
TR3 ミート・ザ・ボール & 敵から離れるコントロール
★ボール落としゲーム3対3 ハーフコート
・スペースを感じ、仲間と共有
・離れる動きをした仲間にボールを付ける
・守備の動きの方向を観る(新しいスペースを感じる)
・広いスペースを持った選手を使う
 
ゲーム
・狭いスペースを広くする工夫
・ミート・ザ・ボール
・離れる動きを見逃さない 
 

以上の内容となりました。
 
 
 
トレーニング趣旨と狙いについて

目から入った情報を使って、選択肢からプレーを決断し、最適な技術の発揮を順序建てて正確におこなう。
ゲーム中のプレーは、上記の繰り返しとなります。
 
”焦ってしまう”方は、今日のようなトレーニングで多くを解決できると思います。
 
観て考えて結論を出すということと、体を動かし技術を正確に発揮するというものが、正確にリンクするよう
W-up・TR1では、脳と体の動きを刺激するトレーニングを取り入れております。
 
そして、テーマ練習TR2では、まずは、フットサルの花形の局面でもある、FIXOーALAの局面を切り取り
『守備者の背後への侵入』という攻撃側の大きな目標とパスを3本サーバーとつないでも勝ちというルールを設け
背後を取れる取れないの判断を繰り返してもらいつつ、そこに攻守の駆け引きが本番と同じく存在するよう設定しました。
 
TR3では、実際にゲームの動きの中で、TR2内容を様々な局面で感じてもらいつつ、全体を見渡しながら
コートのどの部分が空いているのか、もしくは、これから空くのか、さらに、自分の動きで空けるのかを感じながら
”ミート・ザ・ボール”という合言葉を元に、スペースに入り待つのではなく、スペースに入りながらパスを受けることで
守備者より先行しボールを受け、自身のプレーの時間とスペースを持ち、守備者に対して先手をとった状態を維持することの優位性を
感じていただけるよう設定しております。
 
そして、最後のゲームでは、局面の移り変わりを認識しながら、最適なプレーを選択できるよう声がけさせていただき、
トレーニング内容の成功体験を持って頂ければと思っております。

意識を持つ部分を少し変えるだけで、楽しみながらも、プレーの質が高まっていく。
 

 

言葉で書くととても難しく感じてしまいますが・・・

楽しく自然に学んでいただけていると思います。

まずは、プレーを楽しんでみてください!!

 
次回もお待ちしております。

2021年8月26日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20191219125001

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は10:30時点で34℃とかなり暑い中、7名の方が参加してくださいました。ありがとうございました!

20210826-15-35-20


今回は「コーナーキック」をテーマに行いました。



W-up
インサイド、アウトサイドキック、インサイド・インステップ・モモ(ボレー)、リフティング

TR1
コーナーキック→シュート(ミドル、インサイド)

TR2
チームに分かれてコーナー対決

ゲーム
20210826-15-35-20-1


以上の内容で進めさせていただきました。
今回は先週の続きのカウンターを予定してましたが予想以上に暑かったので、カウンターは来週以降にしたいと思います。

今回のコーナーキックのポイントは

・DFを観て決断・実行する(※キッカーはDFのポジショニング、体の向きを観てパス→シュートに繋げるので特に大事です!)

・中の選手は常にシュートが打てる準備をしておく

2021年8月24日 (火)

火曜ブランチスクール タマケリーニョ!

2019_20191024123901

こんにちは。担当コーチの酒井です。

本日は12名のお客様とフットサルのトレーニングを楽しみました。
20210824_123559_copy_1305x734  
ご参加ありがとうございました。
※写真は写れる方だけで大丈夫です。
 
 
W-up
パス&コントロール
・脳トレ
・人とタイミングと判断と動作を組み合わせて
 
TR1
3vs3 ボール落としゲーム
・プレースペースと時間を稼ぐボールレシーブ
・スペースの概念
・Meet the Ball !!
・スペースを創る
 
ゲーム
ゲームの中でTR1の内容を実装する。
 




以上の内容で行いました。

 
ゲーム形式のトレーニングを多くし、スペースでのボールレシーブに関して、そのタイミングや考え方をお伝えしました。

守備者の動きでスペースは作られていき、広い場所でボールを受けれれば、プレースペースと時間を得て

より精度の高い技術発揮ができる。

その経験をしていただけれたなら、今日は大成功!!です!!!!

 

次回もゲーム形式を中心に、みんなで楽しみたいと思います。

ありがとうございました。

2021年8月19日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20190702130201

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は天気が非常によく、暑かったですが風が吹いていたので過ごしやすい午前中でした。
そんななか、12名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!

20210819-13-10-34


今回は「カウンター」をテーマに行いました。
※1対1、2対1まで行いました。



W-up
ドリブル、2つのボールでダイレクトパス、アウトサイド、トーキック

TR1
1対1 カウンター
①サイドでボールを受けた選手がオフェンス、反対の選手がディフェンス
②シュートアウト (アメリカンPK) ※90年代にMLS(アメリカのサッカーリーグ)のPKの代わりに採用されていたルール
③1対1+DF ロングカウンター

TR2
2対1 カウンター

ゲーム
20210819-13-10-34-1


以上の内容で進めさせていただきました。
フットサルのカウンターはフットサルの得点の約6割を占めています。得点の確率が高いプレーになるので細かく指導をさせていただきました。カウンターのポイントはいくつかありますが、その中でも大事なポイントは・・・

・素早く、そして絶対に決める(※ゴールを決めないと大カウンターを受けてしまいます)

・DF(GK)を観て(最善の)プレーを行う

この2つはカウンターではマストです!

1対1ではゴールが小さいのでシュートコースやGKの重心を偏らせるためにヨコずらしのドリブルを入れて、シュートのタイミングをGKに合わせづらいように工夫する。

2対1では少しセンターにドリブルをして横パス、縦突破のコースを空ける。ボールを受ける選手はDFを観てポジションを細かく変える+広がらずにボールを受ける。


本日は2つのマストのポイントとカウンターの状況にあるセオリーをお伝えしました。ぜひ、チャレンジしてみてください!


シュートアウト(アメリカンPK)の動画です。中学のクラブチームで練習でやったことありますが楽しいですし意外と難しかったです(笑)
いくつかルールがあるみたいです。時間制限やペナルティエリアでファールをうけたらPKになるとか・・・



カウンターといえば2018年のロシアワールドカップの「ロストフの悲劇」。あのベルギーのカウンターは素晴らしかったですよね、あのカウンターも今回のセオリーが入ってますので興味ある方はまた観てみてください。

2021年8月17日 (火)

8/17(火)ブランチスクール タマケリーニョ

2019_20200528131801

こんにちは。

火曜タマケリ 担当コーチの酒井です。

 
本日は☔予報の中、13名の方が参加してくれました✨
20210817_124149_copy_1305x734
ありがとうございました🎵
※写真は写れる方だけで撮らせていただいております。
 
本日のテーマ
①浮き玉のパス
②スペースを感じてプレーしよう
 
以上の内容で行いました。

①W-up
・スペースへのドリブル
※ソーシャルディスタンスを取りながら
・ボールパス&ドリブル
※タイミング
・ボール交換&スペースへのコントロール
※状況把握&技術の実行
 
②基礎技術
・浮き玉の処理
・インサイドキック(ゴロを強く蹴ろう)
・スプーンキック(浮き球)
 
③TR1  3vs3  浮き球トラップゲーム
・スペースでボールを受ける
・スペースで待ちすぎない
・浮き球エチケット
・プレーできるスペースでボールを受ける
 
④TR2  3vs3 ボール落としゲーム
・スペースでボールを受ける
・スペースで待ちすぎない
・プレーできるスペースでボールを受ける

⑤ゲーム
ゲームの様子はコチラから~ 


 
以上の内容でトレーニングを行いました。

 

浮き球で3Dで、スペースを意識するようになると、自然とコートを広く見るようになりますよね。

そして、空いた場所でボールを受けようとする意識と、パスの出し手のタイミングがあってくると

面白いようにボールが回ることも感じていただけたのではないでしょうか?

特に、雨などんも含め、コンディションが難しく、ミスが多くなりそうなゲームでは

自分がプレーをするのに安心ができる、スペースの広さ(守備者との距離を含む)を持っていると

少しミスがおきても、余裕をもって処理できますよね。

そして、忘れてはいけないのが、ゴール方向に向かう意思でスペースを取ることです。

ぜひ、その感覚を続けていただければと思います。

 

また来週、お待ちしております!!!!

2021年8月12日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20190829125501


こんにちは、スタッフのケントです!

本日は曇りでしたが少し蒸し暑い天気でした。そんな中、19名の方が参加してくださいました!
ありがとうございます!
20210812-12-50-14

今回は「3人組【L:エルと3on line(+サイ)】」をテーマに行いました。



W-up
2タッチ・ダイレクトのインサイドパスなどの基礎技術

TR1
L:エル、サイ シュート練習
※サイ⇒ジアゴナル、キャンセル+ワン・ツーを行いました

TR2
3対2 シュートゲーム

TR3
3対3 シュートゲーム

ゲーム
20210812-12-50-15-1 20210812-12-50-15


以上の内容で進めさせていただきました。
今回は3人組のL:エルと3on lineからのサイをお伝えしました。今回はサイの次のプレーのバリエーションを増やすために、サイ⇒ジアゴナルとサイ⇒ジアゴナル(ができないから)⇒キャンセル+ワン・ツーの2つのプレーを重点的にお伝えさせていただきました。

3人組はその名の通り3人で行うので意思疎通が大事になります。ですので、声掛けが大事になります。(例えば「エルっ!」など)
もう一つ、大事なポイントは自分のポジショニングがどの役割を果たすのか、次につなげるプレーをできる準備が整っているのか。が非常に大事になってくるのでぜひ、頑張ってチャレンジしてみてください!

2021年8月10日 (火)

8/10(火) ブランチスクール タマケリーニョ! (ゲーム動画付き)

2019_20200206124401

こんにちは

火曜タマケリ担当コーチの酒井です⚽
 
本日は残暑厳しい中、19名の方が集まってくれました。
20210810_123912_hdr_copy_1305x734  
ありがとうございました!

コロナ禍ならびに、熱中症警戒中の活動となりましたので、そのあたりも気を付けながら

トレーニングをさせていただきました。

 
本日のテーマ 『バックステップで景色を広げる』

ボールを受けるため、扱うための、『スペース・時間』を作ることも効果の1つですが

やはり、観れる景色の広がりも感じていただけるようになると、

自然とバックステップしたくなるかな?と思います。

観えるからこそ、ボールを受けた時の優位性が変わってくる。

そんな部分を感じて頂けたなら幸いです。

 

★本日のメニュー★
 
①W-up
軽いドリブルとボール交換
・暑さに体を慣れさせる
・人とのタイミニング
・キック&ドリブル
 
②パス&ムーブのドリル
(1)パス&ゴー 蹴ったら走る
(2)パス&バックステップ 蹴ったら視野を取る
※視野を取るためにステップや体の向きを考える
 
③FIXO-ALAの2人組の連携をつかったバックステップの実践ドリル
・FIXOビーラ&パス
・ALA 並行(サイドステップで横のサポート)
・FIXO サポート (バックステップ&視野でマイナスサポート)
・ALA パス&ゴー&ケブラ 
・FIXO オリエンタード 強いパス
・ALA 前進コントロール&シュート
・PIVO セグンド
 
④ゲーム 3チーム 5分1本 2回戦総当たり
※守備者から離れて受けることを考え、その中にバックステップをいれてみよう。

20210810_121911_copy_1024x576 20210810_122339_copy_1024x576  

以上です。 

 

さて、今日はお盆休み中の方も多いと思いますので、ゲームの動画をこちらに全部公開します。

是非、ご覧いただき、セルフコーチング楽しんでください。

 

緑vsピンク



 
 
 
 
 
緑vs黄色






黄色vsピンク

 

2021年8月 5日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20191219125001 

こんにちは、スタッフのケントです!
今回も34℃とかなり暑いなか、9名の方が参加してくださいました。ありがとうございます!
Img_17751



今回は「サイドを起点に攻撃+DFに取られないパス」をテーマに行いました。



W-up
ドリブル、ボール交換、インサイド、アウトサイド、トゥーキック

TR1
1対1+2サーバー

TR2
2対2
※オフェンスは2ゴール(ドリブル突破)

ゲーム
Hgeo63481


以上の内容で行いました。
今回の「サイドを起点」はサッカー・フットサルはゴールが中央にあるのでDFは中央突破されないように守ります。ですので、サイドが空いてきます。そこをサッカー・フットサルは突いて攻めます。サイドを起点に突破を繰り返すとDFはサイドに意識が向くので中央が空きます。中央を空けるためにもサイドを起点に攻めることが大事です。

もう一つのテーマは、「DFに取られないパス」はアウトサイド(ドリブルと同じ足の振りで蹴れる)+トゥーキック(ノーモーションでボールを蹴る)も入れて3種類のキックを使い分けられるとパスでのボールロストが減ります。

上記☝2つのポイントを踏まえてチャレンジしてみてください!

より以前の記事一覧