最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2020年7月 2日 (木)

ブランチスクール タマケリーニョ

2019_20200528131801

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は12名の方が参加してくださいました!ありがとうございます。



本日のテーマは・・・
シュート」です。


W-up
インサイドターン、アウトサイドターン、足裏ターン

TR1
寸止めキック、スプーンキック

TR2
寸止めシュート、パラレラ⇒シュート

ゲーム
20200702-12-57-59

以上の内容で進めていきました。
インステップを蹴る時に「膝がボールの真ん中の上にあること、足の甲骨(内側楔状骨から親指の中足骨)でボールを蹴る、軸足の横にボールが来るまで我慢、指先を外側に向ける、蹴った後の膝は前に置く(シュートはゴール方向に)」とお伝えさせていただきました。イメージはこんな感じです。⤵動画や写真を撮って確認してみてください!
20200702-13-15-22
寸止めキックはボールを迎えに行ってシュートを蹴る場合におすすめです。なぜか?⇒ボールを迎えに行くシュートの時に振り過ぎてしまうとボールが上がってしまいます。なので蹴る瞬間に力を入れ、当たった瞬間のインパクトだけで蹴れるとボールの抑えが効きます。なので寸止めキックをおすすめしています!もし、そのような場面があった場合はぜひ、寸止めキックを試してみてください。

2020年6月30日 (火)

ブランチスクール ”タマケリーニョ” 6/30(火)

2019_20200528131801

こんにちは。

担当コーチの酒井です。

本日は14名の方が、小雨のチラつく中、参加してくれました🎵
 
ありがとうございました。
 
20200630_121956_hdr_copy_816x459

今日の練習は・・・
 
①W-up
・ドリブルで心拍数をあげる

②技術練習
☆ターンの技術
インサイドターン
アウトサイドターン
足裏フロントターン
足裏バックターン

③技術練習
☆フットサルタッチ
サイドステップ
 
④技術練習
☆インステップキック
寸止め法でのキック
 
⑤シュート練習
☆インステップでのダイレクトシュート
 
⑥個人戦術
☆ALA位置での1対1
突破 or カットイン
・フットサルタッチを使って
・体の向きにこだわって
 
⑦TRゲーム
☆サイドに実験室ありのゲーム
☆フリーゲーム
 
以上の内容になりました。
 
後ほど、ゲーム動画を数試合だけピックアップして掲載します。

お楽しみに!!

↓ お待たせしました~~!!

  現在、↗🎥アップロード中、21:15頃から観れると思います。

 

 
体の向き、ボールの持ち方、狙い を整理して

サイドで、優位にボールを持ち、サイドでゲームを動かす選手になってみましょう!

 
ご来場ありがとうございました。

また、お待ちしております。 

2020年6月25日 (木)

ブランチスクール タマケリーニョ

2019_20200528131801

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は小雨の中、10名の方が参加してくださいました。
ありがとうございます。




本日は・・・

W-up
ドリブル(インサイド、アウトサイド、フットサルタッチ)

TR1
基礎練習(インサイド、ダイレクト、スプーンキック)
コーン当てゲーム

TR2
ボール回し
※条件付き

ゲーム
3タッチ以下の条件付き
20200625-12-36-08


以上の内容でした。
本日は基礎的な部分の復習と判断の向上をテーマに行いました。フットサルではたくさんの判断がありますが、今回はボールを受ける前の判断にフォーカスさせていただきました。ボールを受ける前の判断を上げることによって次のプレーに余裕ができ、ボールロストの減少やゴールに直結するプレーの幅が広がります。今回の内容が少しでも伝わっていれば幸いです。




次回のタマケリーニョもお待ちしています。

2020年5月28日 (木)

ブランチスクール タマケリーニョ!

2019_20200528131801

こんにちは。

担当コーチの酒井です。
 
施設営業が再開となり、久々のブランチスクール。

14名の方が集まってくれました。

ありがとうございました。

 
しばらくの間、大人のスクールは・・・

・運動不足からの回帰、運動習慣を戻すこと
・感染リスクを減らしながらの活動

を、意識しながら、トレーニングを行っていきます。

 
コーチ陣も手探りでの運営になりますが、

楽しんでいただけるよう、そして学びもあるようにしていこうと思いますので

よろしくお願いいたします。

 
早速、今日のトレーニングのご紹介

20200528_121755_copy_816x459

①W-up~下肢のキネマティックリンク(関節と筋肉の連動)を確認しながら、ボールフィーリング~
・インステップキック
・インサイドキック
・アウトサイドキック
・もも&インステップ
・クッションコントロール
・足裏でのエッジコントロール
 
②コントロール&パス 1対1対面(1分間)
・足裏オリエンタード&インサイドパス
・ダイレクトインサイドパス
※軸足を置く
 
③TR1
・オリエンタードパス  1対1 対面(1分間)
・3つのパスラインを使った対面パス
※OFF(ボールを持っていない選手)のボール要求
※相手の動きに合わせたオリエンタード
 
④TR2 3つのパスラインを使った対面パス(サイドフリーマン付き)
・サイドフリーマンを使ったワンツーでの縦パス
・サイドフリーマンも縦パスあり
 
⑤TR3 PIVOを意識したボール交換から・・・
・PIVO当てシュート
・Lや偽PIVOとし、スペースワンツー
 
⑥ゲーム
・極力3タッチでプレーしよう!
 
 
以上となります。

言葉で書くと難しい感じですが、単純なトレーニングを多めにさせてもらいました。

  
接触プレーを避けながらフットサルを楽しむをテーマに

お互いの速い判断プレーを行う楽しさを覚える機会にできればと思っています。

 

ゲームの中で、判断する回数を増やし、常に最初のタッチで何かを狙う。

そんな癖がついてくればと思います。

 
フットサルを楽しむ『ニューノーマル』みんなで作っていきましょう!

2020年4月 2日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は昨日の天気が嘘のような快晴でした☀
そんな中、本日は17名の方が参加してくださいました、ありがとうございました!


本日のテーマは・・・
バ(Ba)」


W-up
脳トレ+基礎練習

TR1
コーンをディフェンスに見立てた形のシュート練習

TR2
4対3+ゴレイロ
※特殊ルール付き

ゲーム
20200402-12-48-34

以上の内容でした。
一人ひとりの役割を楽しみながら感じてプレーしていただけると少しずつ理解が深まると思います。
オリエンタードは次のプレーの合図(方向付け)やパスコースを作るプレーになります。だから、コートが狭いフットサルでの長距離パス(バなど)の前にパサーは必ず行っているので皆さんも使ってみてください。

2020年3月26日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は25名の方が参加してくださいました!
ありがとうございました。





本日のテーマは・・・
ジアゴナル」です。


W-up
脳トレ+基礎練習

TR1
コーンをDFに見立てたドリルトレーニング

TR2
2対2、3対3の4ゴールゲーム

ゲーム
20200326-12-43-19
以上の内容で行いました。

今月はいくつかのum,dois(ウン、ドイス)をご紹介させていただきました。個人参加などでも使えますので、ぜひ使用してみてください!

2020年3月24日 (火)

ブランチスクール タマケリーニョ

こんにちは。

本日、コーチを担当した酒井です。

26名の方が参加してくれました。ありがとうございました♨

※今月末までは写真の掲載を控えることにしております。ご了承ください。

 

①W-up
インサイドキックの基礎ポイント
・軸足の置く位置とタイミング
・蹴り足の運び

ロールキック
・足裏でコロンしてキック
・足の交差動作からの軸足づくり

アウトサイドキック
・関節と筋肉の動きを正しく
・体重移動でのキック

②基礎練習(浮き球の処理)
グループリフティング 4人組
※必ず2タッチでパス
(1)落下地点に入る
(2)面でボールを操作
(3)キック
の順をしっかりと行う。
*キックが上手くいかない人はファーストタッチの後、キャッチしてよい。
=ファーストタッチをキャッチできるということは、プレー中は体の近くにボールを止められているということ。

③縦ウンドイス(PIVO当て)を使った練習
(1)PIVOへの縦パス(ゴールに近づくパス)
【技術】
・守備の隙間をついてパス※ロールパス
・シュートを打つためのリターンをもらいに走る
・走るスピードより速いパス
・走り方として、フェイク等で時間を調整
・場所を教える指差し、タイミングを教える声”ハイ!”

(2)PIVOの落とし(シュートを打たせるパス)
【技術】
・ボールを受けながら、仲間を観る時間を確保
・足裏でボールを保持し、少しバックスステップ(ヘチーラ)
 ⇒守備者へ体を当てブロック
 ⇒走ってくる人間へシュートを打つスペースを作る
 ⇒相手との兼ね合いで、ターンしシュートを狙う
・ターンして相手守備とGKにシュートを意識させ、シューターのスペースを確保

(3)シュート
・走りながらGKの位置を把握
・(1)・(2)のタイミングが合えば、完璧なシュートを打てる
 
④応用  Lの動き
縦ウンドイス(PIVO当て)の応用
※中のスペースへの侵入
※縦で3人目のサポート
  
⑤ゲーム
PIVO当てからのゴールは2倍!!
 

以上の内容となりました。


『フットサルは、ボールを前進させ、ゴールを狙うスポーツ』
横パスだけでは、ゴールは近づかず、また、3m×2mの小さいゴールにGKを上回ってシュートを決めるのは、なかなか難しい。
得点を取るためには、オフサイドもないので、ゴールの近くでGKを外してワンタッチで決める(セグンドシュート:ファー詰め:セカンドポスト※言い方色々ですが・・・)ことが重要となります。ゴールに近づく縦パス、そして、GKをひきつけながら、別の人がシュートを打つプレー(縦ウンドイスやLからのセグンド等)の感覚を身に着けると、得点のチャンスが広がってきます。是非、覚えていただければと思います。

 

本日もお疲れさまでした。

2020年3月19日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです。
本日は快晴で最高の環境のなか、15名の方が参加してくださいました。
ありがとうございました。





本日のテーマは・・・
パラレラ」です。

W-up
脳トレ+基礎練習

TR1
パラレラのシュート練習

TR2
3対2+ゴレイロ

ゲーム
20200319-12-47-24
※このような状態なので加工させていたきました。


以上の内容でした。
プレーの優先順位をお話したのでそれと今回のパラレラなどの戦術をセットで覚える+実戦してもらえるとゴールが近くなるのではないか。と思いますのでぜひ、チャレンジしてみてください。

2020年3月17日 (火)

ブランチスクール ”タマケリーニョ”

こんにちは。

担当コーチの酒井です。
 

本日も27名の方が集まってくれました。

ありがとうございました。

※お写真は、こういう時期ですので無しにさせていただきました。

 

本日のテーマ 『フットサル特有のプレー』

ということで、ご紹介程度ですが、お伝えしました。

 
①W-up
・ドリブルを使ったランニング
・足裏のボールコントロール
・狭い空間でドリブル
・瞬時の意思疎通
・スペースへのドリブル
 
②1対1
・オーリャ(観る)
・ヘチーラ(目を向きながらボールと一緒に下がる)
を使った突破
※前向きで間合いを取る
※相手の寄せの強さと方向を観察
 
③トゥーキックを使ったシュート練習(足裏ドリブルとセットで)
・トゥーキック
※置く位置おへその前(キックの内旋理論)
※足先の形(上向き・親指の裏で蹴るイメージを持ちながら:実際つま先)
※膝下だけで
 
④スプーンキック
・浮き球
※膝でリード
※急上昇のボール
※蹴る動作の中で(救い上げない)
 
⑤ゲーム
※コミュニケーション
・最高の準備の時にボールをもらおう
・仲間の最高の準備の声を感じよう
・そのためのオーリャ
※交代も技術の1つ
※フットサルの特有の技術を使ってみよう

 
以上の内容となりました。

フットサルを楽しむための術を色々な角度でお伝えしました。

 
こんな時期だからこそ、多くの方々とプレーする機会となっております。

フットサルは年齢・レベル・性別、関係なく楽しむことが可能なスポーツです。

是非、1プレーヤーとして、世代を超えて楽しんでいただければと思います。

ボールでつながれば、みんな仲間です!!

 

お疲れさまでした。

2020年3月12日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2019_20200206124401

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は24名の方が参加してくださいました!
ありがとうございました。





本日のテーマは・・・
「PIVO当て」をテーマに進行していきました。


W-up
脳トレ+基礎練習

TR1
1対1+PIVO+フリーマン

TR2
2対2+PIVO

ゲーム
※チームの先頭の選手にパスをしないとシュートは打てない



以上の内容でした。
PIVOどう工夫をしてパスを作るか、PIVOはどう動いてパスコースを作るのかにフォーカスを当てて行いました。その部分が少しでも伝わっていれば幸いです。

より以前の記事一覧