最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

ブランチスクール”タマケリーニョ”

2024年2月20日 (火)

火曜ブランチスクール ”タマケリーニョ”

Tamakeri2021_20220505130001
こんにちは。

担当コーチの酒井です。
 
今日は暖かいですね~23℃!!2月とは思えない天気ですね。
そんな陽気に誘われてか15の方が参加してくれました。
Pxl_20240220_034455875mp2_copy_1456x852
ありがとうございました。
 
☆今日の練習☆
 
①W-up
・ボールフィーリング
・脳トレ
 
②基礎技術と身体操作
・インサイドタッチ
・アウトサイドタッチ
・インサイドターン
・アウトサイドターン
・プル&ダブルタッチ
・プル&ダブルタッチキャンセル
※身体操作
※重心の移動
※歩く動作
※ストップの動作
※頭は錘
 
③TR1 変則ロンド
2vs1 コーンドリブルタッチ・パス12本
・2つの目的
・保持とチャレンジ
・ポジショニング
・ドリブルorパス
・守備の2度追い準備
 
④TR2 変則ロンド
3vs1/3vs2 コーンドリブルタッチ・パス12本
・TR1の発展
 
⑤ゲーム
3チーム 最大2分30秒  1点勝ち残り
  
 
以上の内容となりました。

楽しんでいただけましたでしょうか?
 
TRの関連性もお話させていただきました。

プレーの基礎的な部分を色々な方向からトレーニングさせていただいております。

もうしばらく、基礎技術・基礎思考を繰り返し

温かくなったら、少し、発展的なトレーニングをしていければと思います。

みんなで、楽しみながら、上達していきましょう!!

 

ありがとうございました。

2024年2月15日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

Tamakeri2021_20220505130001

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は13名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240215-22-27-55


今回は「広いスペースにボールを運ぼう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認、リフティング

TR1
8対4+フリーマン ボール回し

TR2
2対2+オフェンス シュートゲーム
※+オフェンスの選手はカラーコーンタッチで合流ルール

ゲーム
20240215-22-27-55-2






以上の内容で進めさせていただきました。
スペースをつくるために、あえて近い距離でボールを回して守備者を誘う(圧縮)ことをお伝えしました。
圧縮したあとの展開方法として、守備者の間を狙っての展開やマイナスのサポートの選手に展開してもらうこと、そして人の入れ替えの動きでパスコースをつくって展開を狙うことを行いました。

1~2mでも圧縮するだけで、広いスペースでボールを受けた選手のプレーの幅が大きく広がります。
ぜひ、チャレンジしてみてください!





余談ですが、
先日、高校の同級生に卒業以来6年ぶり?くらいの再会をしました。
20240215-22-27-55-1
J1リーグ 浦和レッズに所属する 安居海渡選手と再会しました!
短い時間だったためお互いの近況を報告して別れましたが、良い励みになりました。

2024年2月13日 (火)

火曜ブランチスクール タマケリーニョ!

Photo_20231207214301

こんにちは

担当コーチの酒井です。

本日は、連休明けの火曜日にも関わらず19名の方が参加してくれました。
Pxl_20240213_0342426542  
ありがとうございました
  
★今日の練習★

①W-up
”脳トレ”を入れたボールフィーリング
 
②基礎技術
インサイドパス
 
③TR1 認知(状況把握)をしながらのパス
クロスパス交換ゲーム
 
④TR2 認知&技術発揮
3vs1 or 3vs2 のロンド
・サポートの位置
・相手に渡さない(遠い足)
・守備の考え方(体の向き)
※奪われ方は意外と大事
 
⑤TR3 認知&選択&技術発揮
3vs1+コーン
※パス10本回すか、ドリブルでコーンを倒す
・パスかドリブルか?守備者を観てポジショニング
 
⑥ゲーム
・交代も技術の1つ
 
 
以上の内容となりました。

今日は、『ボールの奪われ方』を大事にしようという、変なテーマでした。

あっ!取られそう・・・と思われて取られるのは、予測がつき、意外と守りやすい。

なので、取られそうから、取られるまで時間をなるべくかけることが大事。

もちろん、取られないのが一番なのですが・・・

心の持ちようでもあるかと思いますが、慌ててプレーせずですね。

 

次回もみんなで楽しみながら練習できればと思います。

 

2024年2月10日 (土)

木曜ブランチスクール タマケリーニョ!(酒井コーチ代行)

Photo_20231207214301

こんにちは。

本日は、体調不良でお休みとなりましたケントコーチの代わりに

私、酒井が担当させていただきました。

 

4名の皆さんとフットサルの練習を致しました。

Pxl_20240208_034203065mp2_copy_1396x883

ありがとうございました。

人数が少なくても安心してください。

技術を上達するためのコツをゆっくりお伝えしていきます!! 


★今日のテーマ
『ファーストコントロールでの突破の秘訣』
 
①W-up『持ち蹴り』
・体を使ったキック
・面
・力を伝える 
 
②トラップ&ボレーのコツ
・体重移動
・コントロール位置
 
③インサイドキック
・面と力の伝え方
・軸足の置き方
 
④ファーストコントロール(1)
・ビハインドインサイドトラップ
・ビハインドを使った突破 
・ビハインドを使った回転トラップ
※ボールと一緒に動く
 
⑤ファーストコントロール(2)
・小指を使った浮かすトラップでの突破
※ボールと一緒に動く
 
⑥ミニゲーム 2vs2 
※パス3本つないだらシュート打てる
 
 
以上の内容となりました。

楽しんでいただけたでしょうか?

 
ボールのコントロールを正確にすることで、プレースピードが格段とあがり

守備者より、より先手を取れるようになります。

是非、活かしていただければと思います!!

 

ご参加、ありがとうございました。

2024年2月 1日 (木)

木曜ブランチスクール タマケリーニョ (酒井コーチ代行)

Photo_20231207214301

こんにちは。

本日、コーチを担当しました酒井です。

ちょっと風は強かったですが、12名の皆さんが参加してくれました。
Pxl_20240201_033313899_copy_1632x1228
ありがとうございました。

今日は、『基礎技術と基礎思考』をテーマに行いました。

①W-up
・ジョギング&ボール交換(手・足・ボールをぶつけるなど)
※コミュニケーション
※反射
※動体視力
※基礎技術
 
②インサイドキック
ダイレクトパス交換 6m・10m
トラップ&パス 
※キック技術理論(面・軸足)
※パスラインに対してのポジショニング
※足裏コントロール技術理論
 
③判断/ボールを置く場所・ドリブル
相手から遠い横にボールを置き、前へ進む
※向かってくる守備者に斜め前の進行をしない
 
④総合TR  2vs2+GK  両ゴール
守備者を観て
・ボールを動かす
・ポジションを取る
シュートの意識をもって
・ボールを置く
・ボールを受ける
 
⑤ゲーム
Pxl_20240201_032553556mp_copy_1632x1228  

以上の内容となりました。

基礎技術と基礎思考を意識したトレーニング、そしてゲームでした。

いかがでしたか?

スクールのゲームも個サルなんかも、うまくいかないことが良くあります。

そんな時こそ、基本に忠実にプレーすることを意識するとよいと思います。

『ボールはシュートを打つ権利』

#仲間で運び、仲間で守り、仲間で奪う

#ボールをゴールに入れさせなければ負けない

当たり前のことを、しっかり実行することが上達への一歩だと思います。

ありがとうございました。

 

2024年1月30日 (火)

火曜 ブランチスクール タマケリーニョ!

Photo_20231207214301

こんにちは。

火曜担当コーチの酒井です。
 
本日は定員を拡大して、23の皆様とフットサルのプレーを楽しみました。
20240130_124232_copy_1111x626  
多くの方のご参加、ありがとうございました。
 
今日のテーマは『個のボール保持~遠い足を使って~』
※遠い足を使ったボール保持で、ゴールへ進むためのボール保持を!
 
ということで、この技術的な部分からフォーカスさせていただきました。
 
①W-up
手や足でのボール交換
・ランニング
・コミュニケーション
・動体視力
・キックミート
・反射
 
②ボール保持のためのボールコントロールドリル
★遠い足でのコンパス
・インサイドタッチ
・アウトサイドタッチ
・足裏ロール
・足裏スクラッチターン
・ボールの持ち替え~遠い足へ動かす
・1/4扉回転~ターン
・ルーレット

★今日のコーチングポイント
#ターンの身体操作
#ボールの触る場所
#膝関節の利用
#足の置く位置
#軸足でブロック
#ターンは素早くおへそをから
 
③ 2vs2+GK 両方向シュートゲーム 
・シュートの意識
・ボールはシュートの権利(失わない)
・相手のいない方への侵入
・相手の届かないところへ
・対人になったときの遠い足でのボール保持
・遠い足でのボール保持に対するサポート
 
④ゲーム  2チーム (3セット制)
※女性は特別ゴール有り
・交代も技術の1つ
・ゲームの中でボールを失わない
 


以上の内容となりました。

  
 
技術的にも細かくお伝えさせていただいたかと思いますが

ボールの保持が、ゲームの中で有効なものになれば嬉しいなと思います。

大勢のご参加ありがとうございました。

2024年1月26日 (金)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

Tamakeri2021_20220505130001

こんにちは、スタッフのケントです!
掲載が遅れました💦
今回は13名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240126-13-59-08





今回は「守備者を引き付けよう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認、ライフキネティック

TR1
2対2 コーンゴール(ドリブル通過)

TR2
3対3 シュートゲーム

ゲーム
20240126-13-59-08-1





以上の内容で進めさせていただきました。
今回は、
・ボールを保持しているシーンで行える守備者を引き付ける
・ボールを保持していないシーンで行える守備者を引き付ける
をひとつずつ紹介させてただきました。


・ボールを保持しているシーン
1,ゴール方向に強いプレー矢印を出すプレーを行う。
2,守備者同士の間にドリブルでボールを運ぶ。(サッカーのWGが仕掛けてSBのオーバーラップするようなプレー)

・ボールを保持していないシーン
1,守備者同士の間で“止まって”ボールを受ける準備を行う。(サッカーのボランチのようなポジショニング)
⇒裏へのランニングをする。ボールを受けられれば、ワン・ツーを狙う。守備者の対応を観ましょう!



上記のように、守備者を引き付けた後のプレーは広く空いたスペースが出来ているので、そのスペースを使いましょう!
ぜひ、チャレンジしてみてください!

2024年1月23日 (火)

《満員御礼》火曜ブランチスクール タマケリーニョ!

Photo_20231207214301
 
こんにちは。

火曜担当コーチの酒井です。

本日は20名満員御礼となりました。ありがとうございました!
20240123_124505_copy_1540x858
日本代表選手もたくさん来てくれました(笑)
 
①W-up
・リフティング
※ボールフィーリング
 
②基礎技術
・インサイドキック
・パスレシーブ
 
③トレーニング 1vs1 
・コーン通過 1vs1
『かけひきとタイミングの感覚をつかむ』
※正対(意識的正対)
※守備者との距離感
※守備者が前に動いた瞬間の横
※コースを見せて守備者を引き出す
※足を誘う
 
④ゲーム
4チーム勝ち残り戦
※ゲームの中で技術発揮するためには、基礎の反復
※ボールはシュートを打つ権利
※攻撃がしたかったらボールを失わない
※攻撃がしたかったらボールを奪う
※負けたくなかったらボールをゴールに向かわせない

 
以上の内容となりました。

  
楽しんでいただけましたでしょうか?

前回はドリブルの技術の部分、今回は、”かけひき”のコツを中心にお伝えしました。

また、ゲームの原理原則にも少し触れながら、ゲームを行いました。

ゲーム後半は厳しく感じるところもあったかと思いますが

レベルアップのための時間という事で、ご容赦を(笑)

 
ありがとうございました。

2024年1月18日 (木)

ブランチスクール”タマケリーニョ”

Tamakeri2021_20220505130001

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は9名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240118-12-45-03






今回は「守備者の間でボールを受けてみよう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認

TR1
7対3 ボール回し

TR2
3対3 ハーフコートゲーム

ゲーム
20240118-12-45-03-1






以上の内容で進めさせていただきました。
今回は、守備者の間でボールを受けるために“止まって”ボールを受けることを説明させていただきました。
守備者の間でボールを受けることを狙いながらサイドに流れてボールを受けることも狙ってしまうと、間でボールを受けられるタイミングが瞬間的になってしまうので間で受けることが困難になります。
そのため、間で“止まる”ことで受けられるタイミングに余裕ができます。そして、“止まる”ことで間で受けようとする選手の守備者とボールホルダーに対する守備者が迷いが生じて対応が難しくなります。

間で止まってボールを受ける際に、観るべきポイントは「守備者の対応」です。

1,守備者が間を警戒した対応をした場合は、間で止まった選手がサイドに流れてボールを受けて前進を狙いましょう。
  もしくは、サイドのボール持っている選手が中方向へのドリブルをして逆サイドでの前進を狙いましょう。

2,守備者がサイドを警戒した対応をした場合は、間で止まった選手とワン・ツーを狙いましょう。
間の選手に対する守備者が距離を空けて対応していればターンしてドリブルで前進を狙いましょう


チャレンジしてみてください!

2024年1月16日 (火)

火曜ブランチスクール タマケリーニョ!

Photo_20231207214301
 
こんにちは。

火曜担当コーチの酒井です。

本日は、寒い風が吹く中、17名と大勢の方が参加してくれました。
20240116_124137_copy_1156x867
ありがとうございました!!!!
 
①W-up&技術練習
(1)インサイドパス
(2)ロールインサイドパス
(3)脳トレ 複合パス交換
 
②ドリブル基礎技術(8の字ドリブル)
(1)インサイド or アウトサイド
(2)足裏ドリブル
 
③トレーニング 1vs1 MTM
(1)コーン通過 1vs1
(2)トレーニング(技術)
・V字コントロール
・ビハインドタッチ
・ダブルタッチ
《相手を誘い出す~前へ動かしてから~》
※誘うボールコントロール
※引くボールコントロール
※ニセステップ

(3)コーン通過 1vs1
 
④ゲーム
3チーム勝ち残り戦

20240116_123519_copy_1156x867

 

 

 

以上の内容となりました。

  
楽しんでいただけましたでしょうか?

ドリブルの技術的な部分、それを使うための下ごしらえの部分などをお伝えいたしました。

 
フットサル楽しんでいきましょう!!

より以前の記事一覧