最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

スポットスクール

2021年12月 4日 (土)

スポットスクール 12月4日

2019_20191207124701

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は開始直後はかなり寒かったですが陽が出てからは暖かくプレーしやすい天気でした☀

そして、本日は18名の方が参加してくださいました。ありがとうございます!
20211204-10-47-28


今回も飯塚トレーナーによるライフキネティックを行っていただきました!
今回は複合的動作をしながら、指示に沿った動作に切り替えを行っていただきました。


W-up
基礎技術(トン・パ、インサイドキックなど)

TR1
3対2 カウンター(+定位置)

TR2
カウンター・速攻ゲーム
※ボールロストした選手は敵陣のゴールポストタッチルール

ゲーム





以上の内容で進めさせていただきました。
今回のスクールではゲームで出てくる局面ごとの攻撃・守備のプレーの優先順位を改めてお伝えさせていただきました。

カウンター・速攻の局面
・攻撃⇒素早くシュート、ウィークサイドから攻略、ストロングサイドの攻略
・守備⇒局面的数的同数への追い込み(奪えたら最高)、前の選手の戻る時間を作り完全な数的同数(定位置守備)にする

定位置攻撃・守備の局面
・攻撃⇒ボールを奪われないようにしながらDFの背後を狙う
・守備⇒前にボールを運ばせない+ボールをサイドに追い込みながら奪うチャンスを伺う


本日は局面ごとのプレーの切り替えを感じながらプレーをしていただけましたでしょうか。
次回のゲームからは局面を観て判断じて実行していただけたら幸いです。

2021年11月20日 (土)

スポットスクール 11月20日

2019_20200328124301

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は17名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!
20211120-10-43-45


本日は「3つのラインを意識してウィークサイドを攻略」をテーマに行いました。


本日も飯塚トレーナーによるライフキネティックをスクール前に行っていただきました!


W-up
3対2+1 移動ロンド

TR1
3対2

TR2
3対3

ゲーム
20211120-10-43-46-1 20211120-10-43-46


以上の内容で進めさせていただきました。
ボールを前進させるために「サイドを起点に攻める+3つのライン(DFとサイドラインの間が2つとDFとDFの間)」を意識することが必要です。

そして、上記の2つのポイントに合わせて2人組の関係をセットでプレーすることで簡単に前進、シュートに繋がりやすくなります。

2人組の関係のポイントは「瞬間的な2対1の状況をつくる」ことです。この基準としては、ボールホルダーとオフの選手に対するどちらかのDFが影響を与えていない・与えられていない瞬間ができた時 としています。

ぜひ、合わせて3つのポイントを意識してチャレンジしてみてください!

2021年11月 6日 (土)

大人の朝練! スポットスクール ~酒井コーチ~

2019_20190706123701

こんにちは。

本日、大人の朝練 スポットスクールを担当しました、コーチの酒井🐶です。

朝から23名の方とフットサルの練習を楽しみました🎵
20211106_104052_copy_1305x734  
ありがとうございました🎶



★今日のトレーニング★

①ライフキネティック(飯塚インストラクター)
”複合”(いろいろな情報を一緒に処理する)
 
②総合的なW-up
コーン移動ドリブル&パス
※各コーンは二人までしかいられない。
・パス(キック:軸足を置こう/転がしてキックで体重移動=オリエンタード)
・ドリブル(観ながらドリブル)
・トンパ(トマル技術)
・タイミング(仲間とコミュニケイトしてパス)
・観るタイミングは、事前に
・〇〇しながら観る
・観る(スペース=空きコーン)
 
③二人組戦術のドリル
※背後を取るためのアイディアを身に着ける
※仲間のボールを奪わせない工夫

・ワンツー
※ボールに対しての守備者を二人で作る三角形で無力化する
※守備者にボールにチャレンジさせたところで、一気にパス&ゴー
 
・パラレラ
※縦のスペースへボールを受ける動きをする
守備者がついてくれば、ボール保持者は中の空いたスペースへドリブル
守備者が遅れたら、パラレラ(縦パス)を出す

・カーテン&コンティニュー
※守備者の前を横切り、ボール保持者のプレーを助け、その後、スペースでボールを受ける動き
守備者の迷いをついて、一気にスピードを上げましょう!
 
④実戦的な対人でのトレーニング
3対2+PIVO&GK
・PIVOへの縦パスと、スペースへの侵入を考えて
・フリーの選手はゴールへ近づくプレー(シュート)を考えて
 
⑤ゲーム
失敗を恐れずに背後をねらったプレーをしてみよう!!
 
 
以上の内容となりました。

 

経験の長い皆様には、よく知っている当たり前の戦術行為であるかと思いますが

細かい部分での確認が再度、できたのではないでしょうか?

また、レベルアップを目指す初級者の皆様には、背後を突く動きの種類として、

1つでも覚えていただければよかったかと思います。

 
戦術行為はパスのタイミング(パスを出さないことも含めて)で成り立つ部分があります。

自身の動き一つでは、なかなか難しく、仲間と息を合わせて、空いている場所を感じながらプレーすることで

つながってくると思います。

ワンツー・パラレラは、守備者の背後のスペースを感じていないと出ないプレーです。

そのスペースは見ようとすると、勝手に見えてきます。

言い換えれば、戦術を意識すると、裏のスペースがみえるようになるとも言えます。

 
裏のスペースは、相手ゴールに近づくために、非常に有効な場所です。

是非、うまく利用して、待ち伏せでなく、動きながら侵入しパスを受けるようなことを

意識していただければと思います。

 

本日はありがとうございました。

2021年10月23日 (土)

スポットスクール 2021/10/23(土)酒井コーチ

2019_20190706123701
こんにちは。

本日、担当コーチの酒井です。
 

💡お知らせ
スポットスクールは、時間拡大で2時間半を基本とすることになりました。

そして、ライフキネテックのインストラクターがいる場合は、ライフキネティックを

いない場合は、基礎練習をしっかりと行う形にし、その後、初級~中級者向けのトレーニングを行ってまいります!

 

本日の練習
 
①ライフキネティック(飯塚インストラクター・渡辺(ケント)インストラクター)
・マルチタスク(複合処理)
 
②W-up  観る/タイミング/精度
・トラップ(コントロールオリエンタード)
・パスレシーブ(ミート・ザ・ボール)
・タイミング
・ワンツー
・パラレラ
 
③PIVO当て&背後スペース侵入 (2+PIVO vs 2+GK)
・PIVO当て(パスライン)
・2人組の背後スペース(パラレラ/ワンツ-/バ)
・ライン間ポジション
・幅取り
・中ドリ
 
④ゲーム
・普通にプレーしよう!
※仲間とつながるために、声を使おう


以上の内容となりました。
 
 
楽しんでいただけましたでしょうか?
 
スポットスクールで、ライフキネティックでの脳トレを導入している理由。

 
脱初級~中級者向けの内容となる”スポットスクール”は戦術的な部分も扱うので

フットサルの醍醐味の一つでもある、情報の処理能力が非常に求められる部分があります。

今日のトレーニングも、場合分けみたいな部分
※例えば、パラレラした際、守備の動きによって、パラレラなのか中ドリなのかPIVO当てなのかを瞬時に判断する
 
観たものに反応し、適切な”解”を出し、運動することが必要になります。
 
 
ですので、脳を刺激することで、皆さんの可能性を無限大∞ とし、ご案内する。

ということで、取り入れております(笑)
 

その成果か、今日のゲーム、非常に良いプレーが多かったです!

皆さんの 能力と脳力の向上の証拠だと思います!

 

本日もありがとうございました!! 

2021年10月10日 (日)

スポットスクール

2019_20190706123701

こんばんは、スタッフのケントです!
掲載が遅れて申し訳ないです💦
本日からスポットスクールはライフキネティックに関係なく2時間半と30分長く開催していきますのでよろしくお願いいたします。

本日のスポットスクールは18名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!
20211009-23-51-29-1

今回は「トリプルスレット」をテーマに行いました。


W-up
基礎技術+ライフキネティック

TR1
2対1 (4メートル四方の中で)

TR2
3対2+1

TR3
3対3+フリーマン ハーフコートゲーム

ゲーム
20211009-23-51-29-2


以上の内容で進めさせていただきました。
今回はDFの背後を狙うために「自分、味方、敵のスペースを観て最善の選択をする」ことをお伝えさせて頂きました。

・DFのスペースは少し分かりやすくするためにDFの形を観てボールを前進できるスペースを突く。

・自分、味方のスペースは攻撃の起点+前進が行いやすいサイドのスペースを使って前進すること。


この2つのポイントを挙げてお伝えしました。トリプルスレットに必要な「観る」はボールを受ける前、ボール保持時だけではなく常に観て良い判断に繋げられるようにチャレンジしてみてください!

2021年9月25日 (土)

スポットスクール with ライフキネティック

Lifespotclabo

こんにちは。

本日、担当致しました、コーチの酒井です。

今日は、ライフキネティック 飯塚インストラクターとのコラボトレーニングです。20210925_103806_copy_1305x734
21名の皆様と、脳に刺激的な時間を過ごしました。

ありがとうございました!!


★本日のメニュー★ 

 
ライフキネティック(40分)飯塚インストラクター
・脳の切り替え
※攻守の切り替えや、情報によって動きを変えたりする”脳力”をトレーニングしました。 

 
基礎トレーニング
・インサイドキック&足裏コントロール
・逃げる足裏コントロール

TR1 逃げる足裏コントトロール&ターン
・PIVOの技術的な練習
・ターンは一気にシュートへ
・逃げるコントロールは仲間のサポートの時間とタイミングを作る
 
TR2 PIVO当てドリル
・2対2+PIVO対1 単純PIVO当て
・3対3+PIVO対1 偽PIVOスペース利用あり
 
ゲーム
通常ゲーム
 

以上の内容になりました。
 
 
今日のテーマは・・・
技術的には、『逃げるコントロール』で時間とスペースを作り、相手にボールを取られない。
戦術的には、『PIVO or 偽PIVO』の使い方
ボールは、シュートを打つ権利を持つということと同じ。
なので、ボールを簡単に失わないことが、得点を取るために必要なことです。
ボールを奪われない、そして、自身の持っている技術をしっかり出すことを、
PIVOを使った戦術の中で、獲得していただけたなら幸いです。

本日は、ご参加、ありがとうございました。

2021年8月14日 (土)

スポットスクール with ライフキネティック

Lifespotclabo

こんにちは。

担当コーチの酒井です。

本日は、雨天予報の中でしたが、雲の切れ間に入りそうでしたので、決行!!

強い雨なくできました~よかったよかった。

 

そんな天気の中 12の方が参加してくれました。ありがとうございました。

20210814_103945_copy_1305x734

 
★ 今日のテーマ ★
雨の日仕様のプレーとして
『浮き球を使ったプレーのコツ~スペースをうまく使おう~』

ということで、開催させていただきました。

 
その前に、ライフキネティック
毎度おなじみ、飯塚トレーナーに来てもらいまいて・・・

20210814_082651_hdr_copy_1024x576
”脳の切り替え”をスムーズに行うためにトレーニングを行いました。
また、浮き球の空間認知の部分も、テーマに合わせてウォーミングアップしてくれました。

 
そして、トレーニング
↓トレーニングの様子の動画です。

 

①技術確認
・浮き球キックの練習
・浮き球の処理
 
浮き球レシーブゲーム
ルール)
・3vs3+フリーマン
・レシーブゾーンで浮き球パス(バウンド可)を受けて、仲間にパスを繋げたら1点
 ⇒1点とったらすぐ攻撃方向を逆転し折り返しの攻撃を行う
要点)
・レシーブゾーンで待ち伏せて受けると守備に狙われる場合は、スペースでボールと出会うイメージで
・浮き球を入れるタイミングを考えよう
・浮き球レシーバーのサポートの位置も考えよう
 
③浮き球でのPIVO当て~シュート
ルール)
・浮き球でのPIVO当てパス
・PIVOはダイレクトシュートは禁止(最後は解除)
・パスを出した人はシュートへのサポート
要点)
・②の練習のサポートの部分をより試合向けにするためにTR
・PIVOのボール保持のための工夫(視野/ボールの置く位置)
・相手守備から離れながらボールを受ける
 
④ゲーム
・スペースを感じながら、狙いを共有し攻撃しよう
 
以上の内容となりました。
 
 
浮き球を有効に利用するために、スペースを共有することが重要ですね。

ゲームの中で、自然と4-0や3-1偽PIVOの形になり、狙いを持つスペースを共有しながらのプレーがでてきましたね。

そこから始まる意図した崩しは、観ているほうも、プレーしているほうも楽しめました~♪
 
浮き球という技術側面からフットサルにアプローチした時間ですが

ゲームで有効な使い方を考える中で、自然と戦術的な考えに繋がるところを

感じていただけたら幸いです。

 

次回もお待ちしております! 

 

さて、参加者の皆様には、最後の短いゲームですが、3本、復習動画として流しておきます。

セルフコーチングよろしくお願いいたします。

 

2021年7月10日 (土)

スポットスクール

2019_20191207124701

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は天気が回復して、27℃と湿気が多く蒸し暑い中24名の方が参加してくださいました。ありがとうございました!
20210710-11-24-09


本日も飯塚トレーナーによるライフキネティックが行われ、本日から2クール目がスタートしました!
今回は、空間認知能力向上を中心に開催されてました。


そして、スポットスクールは「ゾーンの侵入、ボールの持ち方」をテーマに行いました。


W-up
ドリブル、ボール交換、フットサルタッチ、トン・パなどの基礎技術

TR1
3対2+1(4対2+1) 移動ロンド
※パス2本で反対サイドへのパス権利を得るルール付

TR2
2対3(⇒2対1+1+1)

TR3
3対3 ミニゲーム

ゲーム
20210710-11-24-09-3 20210710-11-24-09-2 20210710-11-24-09-1


以上の内容で進めさせていただきました。
・ゾーンは3つあり、「自陣からペナルティゾーン⇒メイクゾーン⇒シュートゾーン」です。
ゾーンの侵入ではDFの目線の裏、並行のポジショニングでボールを受けて前進させることが受けては大事になります。そのプレーに2人組の関係が入ってくると余裕を持って侵入できます。最後にシュートゾーンはシュートに繋がるように侵入することが大事になってきます。

・ボールの持ち方の部分では基本的に敵から遠い足で持つか、自分の足の間(股下)に置いておくことが敵に奪われにくくなるので意識してプレーしてみてください。そして、ボールの持ち替えの技術はフットサルではかなり必要な技術なので忘れないでいただけると幸いです。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

2021年6月26日 (土)

スポットスクール ~大人の朝練~ (担当:酒井)

2019_20190831120401

こんにちは。

担当コーチの酒井です⚽

今日のスポットスクールは定員を増やさせていただき

24名で開催させていただきました🎵

20210626_103830_copy_1305x734  

満員御礼 ありがとうございました!!

 
今日のテーマ 『背後を取る』
自分のマークの背後を取れると、ゴールに向かってのプレーとしては数的優位が作れ
通称”チャンス”と呼ばれる状況に持っていけます( ̄ー ̄)ニヤリ
その辺を感じていただければと思います。

 
①W-up
・足元から離れないドリブル
※またぎの動作はステキ✨
・インサイドキック(体重移動 歩くように)
・判断を伴うパス交換(戦術実行力を養う)
※ライフキネティック要素をいれて
 
②1対1(縦か横のライン突破)
・攻撃の工夫
・守備の工夫
 
③2対1+1(サポートあり)
#サポートのいるラインは突破できない
#パスを出したらリターンを背後スペースで受ける
・ワンツー
・パラレラ
・突破
※相手の背後を取るために、相手を引きつけて
※ボールの持ち方、置き方
※プレーのスピード
  
④ゲーム
20210626_103157_hdr_copy_1024x576

暑い中、ありがとうございました。

 
背後を取ること。

自身が背後へ侵入するためには、自身のマークと接近している必要があります。

これは、ワンツーでもパラレラでも、1対1の突破でもそうです。

相手とすれ違いの方向が真逆であればあるほど、

自分の相手とは、大きく離れることができるからです。

 
そのコツをお伝えしました。

ワンツーなんて知っていると思いますが・・・

意外と、簡単には取れませんよね。

状況の条件を作り、小さい三角形を作ることが必要ですよね。

小さなコツですが、大きな効果。

 
楽しんでいただけましたでしょうか?

 
次回もお楽しみに~~~~!!!

2021年6月12日 (土)

スポットスクール with ライフキネティック

Lifespotclabo
こんにちは。

スポットスクールでコーチを務めました酒井です🐱

本日は、with ライフキネティックということで・・・

飯塚トレーナーに来てもらい、ライフキネティックトレーニングを取り入れてから、

フットサルの練習へ入りました。


21名の方々と一緒にトレーニングを行いました。
20210612_104425_copy_1305x734
ご参加ありがとうございました。
 
 
①ライフキネティック
・脳の切り替えのトレーニング
※フットサルでは状況の移り変わりや、動きの変更の部分で使います。
※久々登場のスライムお手玉君
  
②フットサルトレーニング
テーマ:『ラインとトライアングル』
 
(1)W-up 3対2 or 4対2 ロンド
ボールを失わない!
・スペースを観ましょう

(2)ロンド(1)をレベルアップVerで
タッチ数制限(1タッチ or 3タッチのみ)
・受ける前に状況判断しプレーの選択をしよう
・守備の形を観よう(並んでるなら裏・段差は間)
 
(3)3対3
トライアングルとライン
・ライン⇔トライアングルを守備の形によって切り替える
・守備の形を感じながらアクションを起こそう!
・人のアクションを観て、相手守備の状況を観て、自分がアクションを起こそう
 
(4)ボランチ~のアクション
キックインのボランチ(トライアングル)
⇒ボランチ発動=ライン形成~のアクション
※ボランチ
※シセーザ
 
(5)ゲーム 
 

以上でした。

非常に頭と体を動かすので、難しかったかな?と思いますが

ライフキネティックを活かしつつ、フットサルのレベルを上げるために

良いトレーニングができたかな?と思います。

 

練習後、参加者の方から

今の状況を認知して行動することが難しい。

つまり、ラインからトライアングルに動くことが難しい、そして、守備の位置取りがどうなのかを観るのが難しい

というお話をいただきました。

まさに、そこです!そこを観て行動することが、今日の目的なのです!

まず、認知(観る)こと、そしてアクションすること、それを繰り返すこと。

非常に感覚的なところになりますが、ライフキネティックを取り入れている理由もその部分になります。

”視覚から感じ”そして”動く”  

飯塚コーチも言っておりましたが、脳に刺激を続けることで、できるようになります。

なので、自然になるまで、意識しましょう。
  
 
さて、今日はボランチというプレーを使って、今日のトレーニングの総復習をしました。

スペース/ライン/トライアングル

相手を崩す定位置攻撃に必要な観るべき部分かと思います。

それを感じられる瞬間があったなら、良かったかな?と思います。

 

また、練習しましょう!

お疲れさまでした。

より以前の記事一覧