最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

スポットスクール

2019年4月13日 (土)

スポットスクール 2019/4/13

2019_9



おはようございます!
本日のスポットスクールの担当はケントです✋




本日は26名の方が参加してくださいました!
ありがとうございます⤴⤴⤴
20190413-10-35-20

本日のテーマは「ウン・ドイス(um・dois)」
をテーマにコーチングさせていただきました。



W-up
・基礎練習

・2対1のボールまわし


シュート練習
・サイドワン・ツー
・縦ワン・ツー(PIVO当て)

対人練習
・3対3(特殊ルール込)

ゲーム



以上の内容でした。いかがだったでしょうか?ウン・ドイス(um・dois)はフットサル、サッカーではよく使われる戦術です。(少し違いはありますが・・・)覚えて損はないと思います。この戦術には横のサポートがあっての戦術ですので是非、チャンスがあればやってみてください。

スクールの内容を動画にしてみました。

2019年3月30日 (土)

スポットスクール 2019/03/30

2019

こんにちは。

担当コーチの酒井です⚽
今日は、25名の方に参加いただきました🎵

ありがとうございました👟

 

今日のテーマ
『ALAサイドでの2対2局面からの崩し』
『マークを外したタイミングでのパス』
全体的には『2対2の崩し』でしたが、その中でも”個人の動き”に重点を置き、『マークの外してボールを受ける動き』を使ったプレー、そして、そこにパスをしっかり出すセンスを磨いていただきました。

①W-up
・ドリブル&オリエンタード
・4対2ロンド

②2対2
・まずは2対2局面の経験

③”バ”の動き

※FootBozeさんのYoutube動画をお借りしました

④”アラコルタ”

※FootBozeさんのYoutube動画をお借りしました

⑤”ケブラ”(ミニジアゴナル)

※FootBozeさんのYoutube動画をお借りしました

⑥”ピック&ロール”

※FootBozeさんのYoutube動画をお借りしました

⑦2対2
・フリーで試してみよう!

⑧ゲーム

以上の内容となりました。

 

🔍コーチより。
今日の練習は、ゲーム中、練習と同じような局面を意図的に作りチーム戦術的にプレーすることも可能ですが、他の局面でのボールを受ける際のマークの外し方の考えだったり、その動きを予測してパスを出すセンスのところへ活かすことができると思います。条件が整い、パスの出し手受け手の動きが合致した時、きれいに相手を崩し、大きなチャンスを作るプレーになります。

是非、知っておいていただければと思います。

 

なお、掲載動画は、東京のフットサルチーム FootBozeさん のYoutube動画をお借りしました。
豊田さん、お借りします☀
※FootBozeさんは、U12/U15/U18と育成年代のフットサルチームで、Fリーガーも排出している名門チームです。

 

本日は、ありがとうございました。

2019年3月16日 (土)

スポットスクール 2019/03/16

2019
こんにちは~
担当コーチの酒井です
 
本日のスポットスクール 27名の方にお集まりいただきました
20190316_1033041024x512
ありがとうございました!!
 
 
今日のテーマ
『観る』=見る です
状況の把握してプレーできるように常に
「・味方・相手・ボール・ゴール・スペース」をなるべく同時にしっかり見ておくこと!
効果としては、主にボールを受けたときのコントロールオリエンタード(トラップ)の位置に大きく影響をします。次のプレーにつながるファーストタッチが、スムーズかつ正確に行え、プレースピードも自然と速くなります。
 
是非、意識して欲しいなと思います。
 
 
①W-up
心拍数を少し上げる
・フリードリブルラン
視覚と動きW-up
・人と人の間を抜けるドリブル
・人の前でトゥータップ
観ながらプレー
・じゃんけんドリブル
 
 
②基礎練習
2人組ツータッチリフティング
・観るテスト付き
パス&トラップ
・足裏&インサイド
走りながら足裏トラップ&スピードを落とさずトラップ
・パラーダ(三角トラップ/トンパ)
走りながらトラップストップ
※攻撃方向のゴールを観ながら
・スプーンキック
浮き球と浮き球処理(1コントロールでキックまで)
 
 
③トレーニング
設定: 2対1⇒2対2⇒3対2の瞬間トランジション
 
(TR目標) プレー速度と判断と精度
 
攻撃)
シュートを速く打つ
※状況把握をしてシュートに向け最適な位置へのオリエンタード
パスを出す/受けるの判断
※フリー/マノンの認知
※認知のための体の向きと視野の取り方
 
守備)
インターセプトを狙える人の認知と罠を張っての効果的な守備方法
※パサーのパスコースを限定させる罠
※レシーバーに寄せながらも、パサーの体の向きを感じて、もう片方へ強い寄せの準備
 
 
④ゲーム
普通にゲーム!観ることをしっかりして、最善の判断を!
 
 
以上の内容でした。
 
人間の五感、特に視覚と聴覚をしっかりつかり使い、状況をしっかりと把握して、計画的に意図的にプレーすることがプレーレベルの上達には欠かせません!
偶然を必然に変えていくために、是非、観る!! 意識して見てください!!
 

2019年3月 2日 (土)

スポットスクール 2019/3/2

2019



おはようございます今日のスポットスクール担当のケントです
今日は名の方に参加していただきました、ありがとうございます
Img_1346

本日のテーマは・・・
Um、Dois(ウン、ドイス)
ポルトガル語で1,2を表します。要はワン・ツーです



※W-up
自由にドリブル
人と人の間を抜けるドリブル
ボールを減らして色んな方とパス交換
1対1のキープ
※シュート練習
サイドのワン・ツー
縦のワン・ツー(PIVO当て落とし)
Img_1350

※シュート練習2
↑上記の練習にディフェンスをつけて実戦練習
※ゲーム
Img_1349
Img_1348




本日の内容は以上となります。
Um、Doisはサッカーやフットサルにおいて多少の違いはありますが必要な戦術になると思います。スポットスクールのデビュー戦だったのでかなりテンパってましたが、本日の内容が皆さんに少しでも伝わっていれば幸いです。


Img_1347
色々あり、ゲームの罰ゲームとして皆さんに体幹を行ってもらいました(笑)

2019年2月16日 (土)

スポットスクール 2019/2/16

2019

こんにちは。
本日担当しましたコーチの酒井です
 
32名の皆様と大人の朝練フットサルを致しました。
20190216_1032301024x512
ご来場ありがとうございました。
 
 
本日のテーマ
『2対2の崩しのコンビネーションの基礎』
コンビネーションとして人が関わる最低数の2人。
フットサルのゲームの中には、数的同数の2対2のシーンは多く存在し、そこを打開できると、一気に数的優位の局面に持ち込め、攻撃を優位に進めることができるようになります。
その崩しは、定位置攻撃(相手の守備と噛み合っている状態での攻撃)攻略の基礎にもなるところです。本日の練習から何か掴んでいただければよいかな?と思います。
 
 
①W-up
・4人組のパス&ムーブ
#パス出したら、他のスペースへ
#パスラインを消さないようにみんなで調整
#動きの中で受けてワンツー
 
②2対2攻略TR
※M-T-M方式(練習用のミニゲームで2対2を感じてもらい、TRをし、再度ミニゲームでTRのイメージを体現するトレーニング方式)でトレーニングを行いました。

(1)レクチャー
3ラインのゾーン侵入経路について
※守備の間・守備とラインの間

(2)TRゲーム
・2対2/2ゾーン/片側ゴール/トランジション設定あり
【ルール設定】
※ゾーン通過はパス通過のみ
※メイクゾーンでボールを奪った守備はパス1本つないで攻撃へ
※メイクゾーンでボールを失った攻撃は、相手守備が1本パスをつないだら交代
※メイクゾーンでのトランジションが起きたら、新しい守備がすぐメイクゾーンに入り開始。
※アタックゾーンでボールを奪った守備は、メイクゾーンへパス侵入
※アタックゾーンでボールを奪われた攻撃は、相手にメイクに侵入されたら交代
※アウトオブボールになったら全員交代で初期位置よりスタート
 
(3)TR1 エントリニアス~スペース
相手守備のライン間を突破するつもりで動き、ボールを受ける。
相手守備のマークにあったら少し折れる動きを使いながら、ボールを受け、パサーを空けたスペースへ導く
#攻撃的なボールポゼッション
#相手の守備を重ねてラインを広くする
 
(4)TR2 パラレラとワンツー
おなじみのサイドラインと平行の縦パスを出す”パラレラ”
おなじみの選手を挟んでパスで三角形を書くワンツー
再度の突破のアイディアの基本
 
(5)TR3 ジアゴナル
パスを出し、受ける動きをする。相手をひきつけながら守備の進行方向と反対の斜め前方へ一気に走りパスを受ける
 
(6)TR4ビール
縦並びの位置関係を作り、タイミングよく縦パスの関係を作る。
そして、縦パス後、PIVOは、走ってきた選手に、なるべくゴールを観ながらプレーできるようにボールを渡す。
 
(7)TR5 
(1)の2対2ゲームをもう一回!
 
③ゲーム
みんなで楽しく!!
きまぐれ動画どうぞ!
 
以上の流れでスクールを行いました。
 
 
いかがだったでしょうか?
まだまだ、モヤモヤって感じの部分はあると思いますが
やってみてできた!
もしくは、ミスをしたけど道が見えた!!
 
なんて、ことが、ゲームもしくはTR中にあったならOKだと思います。
 
 
セオリーとして、存在するフットサルの基礎思考ですので、是非、手元に置いて、いろいろなところで試していただければなーと思います。
 
 
本日は、ありがとうございました。
 
 

2019年2月 2日 (土)

大人の朝練 スポットスクール

2019

 
こんにちは。
担当コーチの酒井です
 
隔週土曜日開催、大人の朝練”スポットスクール”
 
寒さに負けず、30名の方が集まってくれました。
20190202_1032501024x512
ありがとうございました。
 
 
今日のテーマ
ゲームの流れを知るシリーズ
トランジションを制そう!
トランジションとは・・・
ボール保持のチームが変わり、相手の攻撃または守備が整うまでの間の状況。
簡単に言うと、ゴチャゴチャってしている状況です。
 
ということで、内容をゴチャゴチャ書きますと・・・
 
(守備⇒攻撃)
ボールを奪って、すぐ攻撃への意識変更
相手守備が整わない状況でまず先手を取るように。
・カウンター:数的優位を活かして攻撃
・速攻:枚数的には同数か相手の方が多いが、相手が整ってないので、隙をついていく。
・同数で相手の定位置守備(整った守備):トランジションは終わったので、相手の隙をみながらチャンスを作るプレーへ変更
(攻撃⇒守備)
守備側は、ASP(As Soon as possible)で、定位置守備(自分たちの意図してできる守備の形)を整える。
・数的不利の守備:リトリート(撤退)しながら、相手の前方への侵入を送らせ、仲間が戻るのを待つ
・数的同数の守備(マーク又はゾーン)へ移行
・同数マーク・ゾーンの確定=定位置守備完成=攻撃的(奪うための)守備へ
 
以上の部分の局面練習を致しました。
 
W-up
・パス練習
・狭い局面での2対1ボール回し(トランジション付)
※守備の寄せ具合で、プレーを選択
 
基礎練習
・パス&コントロール
・コミュニケーション
・視野
・早い認知/判断
・自分の場所でのプレー選択の基準
※観るコミュニケーション
※体の向き、目線、ジェッシャー
※早くて速いプレー 
 
2対2(トランジション練習)
20190202_0940461305x734
・攻守の入替わりの認知/判断
→攻撃)2対2の崩し(3つの縦のラインを狙う)
→攻撃)局面瞬間 2対1を作り崩す     
→守備)2対2で仕留める 
 
ゲーム
Screenshot_201902021358011152x576
 
以上の内容でした。
 
 
いかがでしたか?
ゲームにトレーニングの成果がでていたように感じました。
 
攻守の切り替えが早く、素早いカウンターが多かったですね。
そして守備も早く回復し、同数にする。
そこで、互いに同数のプレーへシフトチェンジをすることも、少しずつできているように思います。
ゲーム中、『切り替え!!』声が入りますよね。
そこをもっと、具体化していくのがトランジションです。
 
意識してみてください。
 
ご参加、ありがとうございました!

2019年1月19日 (土)

スポットスクール 2019/01/19

2017

こんにちは。

担当コーチの酒井です

本日も、基礎練習を中心としたトレーニングを行いました。
1年の最初の月、まずは、基礎の見直しから行きましょう~

20190119_1033031305x734
28名の方が集まってくれました
ありがとうございました。

今日の内容

①ドリブル
・観るためのドリブル
※ステップだけボールを触らないで周りを観る

②基礎練習
・ボールを面に当てる


③ハイブリッドロンド
・3対2+2 ※部屋移動
※攻守の切り替え
※遠い足
※体の向き
※距離感
※次のプレーの認知
※守備は2対2を作る

④ゲーム
20190119_1027011305x734

20190119_1018081305x734

基礎的なところを色々と確認しました。
技術から、思考、ポジショニング等、プレーのレベルをあげる基準として
感じていただければと思います。

 

次回は再来週です!!

皆さんのご来場、お待ちしております。

2019年1月12日 (土)

スポットスクール

2017

 
こんにちは。
 
担当コーチの酒井です
 
本日は寒い中32名の方に集まってもらいました
20190112_1034011164x582
ありがとうございました。
 
年初め、1月ということで、基礎的な事を確認して、今年1年のフットサルを楽しむ礎を築こうと、今月はメニュー構成を行っております 
 
 
今日の練習 
 
基礎練習
#面に当ててボールコントロール&キック
・2タッチリフティングの練習
・グループでリフティング(移動式)
 
基礎総合トレーニング”移動式ロンド”
4対2+2のロンド
#頭の回転を速くしよう=攻守の切り替え
#設定ルールを使ったボール回し
#身体の向きで視野の確保すると”認知”になる
#攻撃は局面2対1を作る
#守備は2対2へ追い込む 
 
ゲーム
#FPが4人センターラインを通過しないとシュートが打てない
#攻撃:局面2対1を作る
#守備は数的同数を作る  1対1を4か所
#最新式PIVOの位置を試す
#全ては前へ進むため(シュートor縦パス&突破)
#サポートの質を上げる
20190112_1022401164x582
 
 
以上の内容でした。
 
楽しんでいただけたでしょうか?
 
 
基礎技術と基礎思考、しっかりと整理して、今年もフットサルを楽しみましょう!

2018年12月15日 (土)

スポットスクール 2018 12/15(土)

2017





こんにちは、スタッフのケントです

本日のスポットスクールは「シュート」に焦点をおいて行いました




Img_0954

W-up

キックの基礎
・トラップを大きく前に出すパス
・インステップでパス

サイドでボールを受けてからのシュート

2対1+1

ゲーム
Img_0956
Img_0955



こちら順番で行いました。


本日の説明で「軸足の置く位置(個人差がありますが足1個分又は、拳1個+親指1本分)・ボールをどこで蹴れば良いのか(靴紐の結び目あたり)・足首の固定(足先を伸ばす)」が皆さんに少しでも伝わっていただけたら幸いです。
キックフォームの4つの例を出しましたが家に帰って自分に似てるのはどれかな?というのを検証してみてください!


スポットスクールのデビューでしたがいかがでしたでしょうか?
皆さんに説明が伝わっているのかものすごく心配です(笑)

2018年12月 1日 (土)

スポットスクール 2018/12/1(土)

2017

 
こんにちは。
 
担当コーチの酒井です
本日は30名の方が参加してくれました。
20181201_1032121024x576  
大勢のご参加、ありがとうございました
 
また、定員を最大限、取らせていただきましたが・・・
お受けできなかった方、本当に申し訳ございません
スポットスクールは、トレーニングの内容によって定員枠を変更しております。
また、シーズンスクール生の優先枠もございますので、ネット募集(ROOTS)の定員数と異なる場合もございますので、ご了承ください。
 
 
本日のテーマ
『数的同数を崩す』
守備と攻撃が数的同数の場合、攻撃はなかなかしづらいものになります。
フットサルの攻撃局面で一番難しい局面かもしれません。
 
そういう際に、必要になる考え方を本日、練習してみました。
 
 
①基礎練習&ウォーミングアップ
ドリブル
・2mに近づかないドリブル
・スペースに飛び出すドリブル
・人と人の間を感じて入っていくドリブル
キック
・インサイド
・インステップ
・アウトサイド
・インステップ
・トゥーキック
・スプーンキック
 
②動き&シュート練習
・ケブラ
※幅を取る動き=相手の隙間からシュートを打つ
・パラレラ
※深さを取る動き=相手の裏を突く動き
 
③狭いコートでの 2対2
同数を崩す3つのポイント
 
(1)シュートへの意識を守備に見せる
シュートへのプレーをみせることで、守備を動かす
・ドリブルやコントロールを使ったシュートへ向かう動き
・ケブラやジアゴナルなど幅を取る動きでボールを受けシュートを狙う
 
(2)裏への動き
パラレラなど縦&敵の裏でボールを受ける動きで守備を動かす
=空いたスペースを使う
 
(3)3つの縦へのラインを意識する
・人と人の間
・人とサイドラインの間×2 
※シュートコース or パスコースとして、3つのラインを意識してプレーする。
 
④ゲーム
※FPがセンターラインを全員超えたらシュート可
※③の練習の内容を意識して!
※敵の裏を突きましょう!
20181201_1011561024x576
 
20181201_1021421024x576
 
20181201_1017041024x576
 
20181201_1021221024x576
 
以上の内容となりました。
 
 
同数の展開になりやすいゲーム設定をしましたが
トレーニングでやった解決策の3つが揃うと、ほぼ決定機につながっていましたね。
 
フットサルは再現性が高いスポーツです。
セオリーをしっかり理解してプレーすると、良いプレーがでることが多くなります。
形を覚えることももちろんですが、そこの形の中にある動きの目的・意図を意識して、覚えることが大切であり、そこにゲームの最大の目的であるゴール=シュートを第1にプレーする習慣をもって臨むこと、守備の動きの方向を感じることで応用力が備わってきます。
 
停滞する攻撃に変化を加える選手!
是非、目指してみて下さい。
 

より以前の記事一覧