最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

スポットスクール

2021年8月14日 (土)

スポットスクール with ライフキネティック

Lifespotclabo

こんにちは。

担当コーチの酒井です。

本日は、雨天予報の中でしたが、雲の切れ間に入りそうでしたので、決行!!

強い雨なくできました~よかったよかった。

 

そんな天気の中 12の方が参加してくれました。ありがとうございました。

20210814_103945_copy_1305x734

 
★ 今日のテーマ ★
雨の日仕様のプレーとして
『浮き球を使ったプレーのコツ~スペースをうまく使おう~』

ということで、開催させていただきました。

 
その前に、ライフキネティック
毎度おなじみ、飯塚トレーナーに来てもらいまいて・・・

20210814_082651_hdr_copy_1024x576
”脳の切り替え”をスムーズに行うためにトレーニングを行いました。
また、浮き球の空間認知の部分も、テーマに合わせてウォーミングアップしてくれました。

 
そして、トレーニング
↓トレーニングの様子の動画です。

 

①技術確認
・浮き球キックの練習
・浮き球の処理
 
浮き球レシーブゲーム
ルール)
・3vs3+フリーマン
・レシーブゾーンで浮き球パス(バウンド可)を受けて、仲間にパスを繋げたら1点
 ⇒1点とったらすぐ攻撃方向を逆転し折り返しの攻撃を行う
要点)
・レシーブゾーンで待ち伏せて受けると守備に狙われる場合は、スペースでボールと出会うイメージで
・浮き球を入れるタイミングを考えよう
・浮き球レシーバーのサポートの位置も考えよう
 
③浮き球でのPIVO当て~シュート
ルール)
・浮き球でのPIVO当てパス
・PIVOはダイレクトシュートは禁止(最後は解除)
・パスを出した人はシュートへのサポート
要点)
・②の練習のサポートの部分をより試合向けにするためにTR
・PIVOのボール保持のための工夫(視野/ボールの置く位置)
・相手守備から離れながらボールを受ける
 
④ゲーム
・スペースを感じながら、狙いを共有し攻撃しよう
 
以上の内容となりました。
 
 
浮き球を有効に利用するために、スペースを共有することが重要ですね。

ゲームの中で、自然と4-0や3-1偽PIVOの形になり、狙いを持つスペースを共有しながらのプレーがでてきましたね。

そこから始まる意図した崩しは、観ているほうも、プレーしているほうも楽しめました~♪
 
浮き球という技術側面からフットサルにアプローチした時間ですが

ゲームで有効な使い方を考える中で、自然と戦術的な考えに繋がるところを

感じていただけたら幸いです。

 

次回もお待ちしております! 

 

さて、参加者の皆様には、最後の短いゲームですが、3本、復習動画として流しておきます。

セルフコーチングよろしくお願いいたします。

 

2021年7月10日 (土)

スポットスクール

2019_20191207124701

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は天気が回復して、27℃と湿気が多く蒸し暑い中24名の方が参加してくださいました。ありがとうございました!
20210710-11-24-09


本日も飯塚トレーナーによるライフキネティックが行われ、本日から2クール目がスタートしました!
今回は、空間認知能力向上を中心に開催されてました。


そして、スポットスクールは「ゾーンの侵入、ボールの持ち方」をテーマに行いました。


W-up
ドリブル、ボール交換、フットサルタッチ、トン・パなどの基礎技術

TR1
3対2+1(4対2+1) 移動ロンド
※パス2本で反対サイドへのパス権利を得るルール付

TR2
2対3(⇒2対1+1+1)

TR3
3対3 ミニゲーム

ゲーム
20210710-11-24-09-3 20210710-11-24-09-2 20210710-11-24-09-1


以上の内容で進めさせていただきました。
・ゾーンは3つあり、「自陣からペナルティゾーン⇒メイクゾーン⇒シュートゾーン」です。
ゾーンの侵入ではDFの目線の裏、並行のポジショニングでボールを受けて前進させることが受けては大事になります。そのプレーに2人組の関係が入ってくると余裕を持って侵入できます。最後にシュートゾーンはシュートに繋がるように侵入することが大事になってきます。

・ボールの持ち方の部分では基本的に敵から遠い足で持つか、自分の足の間(股下)に置いておくことが敵に奪われにくくなるので意識してプレーしてみてください。そして、ボールの持ち替えの技術はフットサルではかなり必要な技術なので忘れないでいただけると幸いです。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

2021年6月26日 (土)

スポットスクール ~大人の朝練~ (担当:酒井)

2019_20190831120401

こんにちは。

担当コーチの酒井です⚽

今日のスポットスクールは定員を増やさせていただき

24名で開催させていただきました🎵

20210626_103830_copy_1305x734  

満員御礼 ありがとうございました!!

 
今日のテーマ 『背後を取る』
自分のマークの背後を取れると、ゴールに向かってのプレーとしては数的優位が作れ
通称”チャンス”と呼ばれる状況に持っていけます( ̄ー ̄)ニヤリ
その辺を感じていただければと思います。

 
①W-up
・足元から離れないドリブル
※またぎの動作はステキ✨
・インサイドキック(体重移動 歩くように)
・判断を伴うパス交換(戦術実行力を養う)
※ライフキネティック要素をいれて
 
②1対1(縦か横のライン突破)
・攻撃の工夫
・守備の工夫
 
③2対1+1(サポートあり)
#サポートのいるラインは突破できない
#パスを出したらリターンを背後スペースで受ける
・ワンツー
・パラレラ
・突破
※相手の背後を取るために、相手を引きつけて
※ボールの持ち方、置き方
※プレーのスピード
  
④ゲーム
20210626_103157_hdr_copy_1024x576

暑い中、ありがとうございました。

 
背後を取ること。

自身が背後へ侵入するためには、自身のマークと接近している必要があります。

これは、ワンツーでもパラレラでも、1対1の突破でもそうです。

相手とすれ違いの方向が真逆であればあるほど、

自分の相手とは、大きく離れることができるからです。

 
そのコツをお伝えしました。

ワンツーなんて知っていると思いますが・・・

意外と、簡単には取れませんよね。

状況の条件を作り、小さい三角形を作ることが必要ですよね。

小さなコツですが、大きな効果。

 
楽しんでいただけましたでしょうか?

 
次回もお楽しみに~~~~!!!

2021年6月12日 (土)

スポットスクール with ライフキネティック

Lifespotclabo
こんにちは。

スポットスクールでコーチを務めました酒井です🐱

本日は、with ライフキネティックということで・・・

飯塚トレーナーに来てもらい、ライフキネティックトレーニングを取り入れてから、

フットサルの練習へ入りました。


21名の方々と一緒にトレーニングを行いました。
20210612_104425_copy_1305x734
ご参加ありがとうございました。
 
 
①ライフキネティック
・脳の切り替えのトレーニング
※フットサルでは状況の移り変わりや、動きの変更の部分で使います。
※久々登場のスライムお手玉君
  
②フットサルトレーニング
テーマ:『ラインとトライアングル』
 
(1)W-up 3対2 or 4対2 ロンド
ボールを失わない!
・スペースを観ましょう

(2)ロンド(1)をレベルアップVerで
タッチ数制限(1タッチ or 3タッチのみ)
・受ける前に状況判断しプレーの選択をしよう
・守備の形を観よう(並んでるなら裏・段差は間)
 
(3)3対3
トライアングルとライン
・ライン⇔トライアングルを守備の形によって切り替える
・守備の形を感じながらアクションを起こそう!
・人のアクションを観て、相手守備の状況を観て、自分がアクションを起こそう
 
(4)ボランチ~のアクション
キックインのボランチ(トライアングル)
⇒ボランチ発動=ライン形成~のアクション
※ボランチ
※シセーザ
 
(5)ゲーム 
 

以上でした。

非常に頭と体を動かすので、難しかったかな?と思いますが

ライフキネティックを活かしつつ、フットサルのレベルを上げるために

良いトレーニングができたかな?と思います。

 

練習後、参加者の方から

今の状況を認知して行動することが難しい。

つまり、ラインからトライアングルに動くことが難しい、そして、守備の位置取りがどうなのかを観るのが難しい

というお話をいただきました。

まさに、そこです!そこを観て行動することが、今日の目的なのです!

まず、認知(観る)こと、そしてアクションすること、それを繰り返すこと。

非常に感覚的なところになりますが、ライフキネティックを取り入れている理由もその部分になります。

”視覚から感じ”そして”動く”  

飯塚コーチも言っておりましたが、脳に刺激を続けることで、できるようになります。

なので、自然になるまで、意識しましょう。
  
 
さて、今日はボランチというプレーを使って、今日のトレーニングの総復習をしました。

スペース/ライン/トライアングル

相手を崩す定位置攻撃に必要な観るべき部分かと思います。

それを感じられる瞬間があったなら、良かったかな?と思います。

 

また、練習しましょう!

お疲れさまでした。

2021年2月27日 (土)

スポットスクール

2019_20200201104101

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は16名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!


本日も With ライフキネティックで飯塚トレーナーに30分ほど空間認知能力向上と視野を広げるをテーマにライフキネティックを行っていただきました。



今回のスポットスクールのテーマは「観る」です。

W-up
インサイド、アウトサイド、スプーンキックの基礎練習+観て判断する練習
2m保ちながら鬼ごっこ、サバイバルボール当て

TR1
4対2+2フリーマン

TR2
2対2+2フリーマン(各チームから1名ずつ、敵陣の片側のサイドに配置)

ゲーム



以上の内容で進めさせていただきました。
今回はオフェンス時のボールを持っていない場合の後ろの認知をしていただくためにテーマを「観る」にさせていただきました。
今回の認知してほしい内容は「味方・敵・スペース」の3つです。自分の後ろの認知をすることで次のプレーの幅が広がります(味方とアイコンタクトができれば戦術行為に繋がることもある)。

2021年1月30日 (土)

スポットスクール

2019_20200201104101

おはようございます、スタッフのケントです!
本日は21名の方が参加してくださいました、ありがとうございました。
今回も 飯塚トレーナーによる with ライフキネティックで目の部分を中心に行っていただきました!




今回は「ジアゴナルを起点としたスリーオンラインの形成+旋回」でした。

W-up
ドリブル、ボール交換、基礎練習+脳トレ

TR1
ライン形成、旋回のドリルトレーニング

TR2
特殊ルール付DFを入れた4対4

ゲーム


と以上の内容で進めさせていただきました。今回は、3-1からフィクソがジアゴナルで4-0の形を軸に「スリーオンライン、エル(L)、旋回」を形成、実行できるように進めさせていただきました。
ストロングサイドのアラ(サイド)の選手のマークが緩かったらエル(L)、厳しかったらスリーオンラインを狙いに行きましょう!
「スリーオンライン、エル(L)」はジアゴナルをかけたフィクソが偽PIVOでサイドに広がったのを起点に今回は形成しました。
そして「旋回」は旋回をすることが目的ではなく、味方が空けたスペースを狙いに行ってキャンセル⇒味方が空けたスペースを狙いに行ってキャンセルを繰り返すことで結果、自然と旋回がおきます。旋回の最中にDFの形が崩れた瞬間にブレイクをかけてゴールに向かいましょう!
そして、状況に対する声と要求の声も大事になります。これらのポイントを抑えていただけると幸いです。

2021年1月16日 (土)

のんびりスクール

Nonbiri2020


こんにちは、スタッフのケントです!
本日は16名の方が参加してくださいました、ありがとうございました。
※写真はこのご時世なので撮りませんでした💦



今回は「ボールを運ぶ」をテーマに進めさせていただきました。


W-up
ドリブル、ボール交換、フットサルタッチ

TR1
1対1

TR2
2対1

ゲーム



以上の内容で進めさせていただきました。
今回はフットサルタッチを使ってボールを運ぼう。とお伝えさせていただきました。フットサルタッチの利点は自分の足元でボールコントロールできる、常に2つ(タテ・ヨコ)のコースを持ってプレーできます(パスとドリブルを合わせれば4つの選択肢を持てます)
ボールを持ってない選手は自分のサポートの動きでゴールに直結するプレーすることが大事です(例えば、ワンツー・クルーザなどのサポートの動きです)。ぜひ、チャレンジしてみてください!

2020年12月26日 (土)

スポットースクール with ライフキネティック

こんにちは。担当コーチの酒井です。
 
今年最後の”スポットスクール with ライフキネティック”
 
今日も飯塚インストラクターにお招きして、開催いたしました。
20201226_103813_copy_1024x576  
20名のご参加、ありがとうございました。
 

①ライフキネティック
20201226_083135_hdr_copy_1024x576
皆さん、だいぶ慣れてきたので、内容も高度になってきました~~

②スクールテーマ『セグンド』
・GKの背後で得点を狙う
 
(1)基礎練習&視野の確認
・横幅
・奥行
 
(2)GK&セグンド練習
 
(3)2対GK
・GKのポジショニング
・セグンド作成
 
(4)セグンド局面練習
 
(5)ゲーム
20201226_100746_copy_1024x576

以上の内容となりました。
 
ゴールを奪う可能性の高いセグンド!

その状況が起きた時に、確実に点を取る。
 
やはり練習大事ですね。
  

さて、本年もありがとうございました。

スポットスクールは、中級者向けスクールと位置づけ、トレーニングを行っております。
 
少し難しいことを獲得したときの心地よさ。

仲間とつながる楽しさ。

来年も、フットサルの醍醐味を皆さんと味わえればと思います。

 

ありがとうございました。

2020年12月13日 (日)

のんびりスクール

Nonbiri2020

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は酒井コーチが体調不良により代行させていただきました!
今回は18名の方が参加してくださいました。ありがとうございます!
20201213-18-23-08

本日のテーマは「セグンド」でした。

W-up
基礎技術を応用したドリブル、インサイドキック・ダイレクト、アウトサイドキック、スプーンキックのパス練習

TR1
3メートルの正方形でのシュート練習

TR2
2対1

TR3
3対1+GK

ゲーム
20201213-18-23-08-1

以上の内容で進めさせていただきました。
セグンドとリスクのポジショニングは狙いは一緒で、「DF(GK)の目線の裏を取る」です。相手チームのDFラインを目線の裏にボールを運ぶプレーで1層ずつ剥がしていき、そして、最後のGKの目線の裏をとることがセグンドになります!

2020年12月12日 (土)

のんびりスクール

Nonbiri2020

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は10名の方が参加してくださいました、ありがとうございます!
20201212-19-10-13

今回のテーマは「PIVO当て」です。

W-up
基礎技術、足裏・インサイド・アウトサイドターン

TR1
3対1+1 ボール回し

TR2
2対2+ゴールマン

ゲーム
※特殊ルール付
20201212-19-10-13-1

以上の内容で進めさせていただきました。
PIVOの選手もそうでない選手もDFと平行もしくは目線の裏でボールを受けることでスムーズに次のプレーにいくことができます。
PIVOの選手はフィクソとアラの間で受けておしまいではなく、敵陣のゴールラインでもう一度受けられるとフィクソ+GKの目線の裏を取れることができ、尚且つ次のプレーヤーもフィクソ+GKの目線の裏を取りやすくなるのでぜひ、チャレンジしてみてください!

より以前の記事一覧