最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

スポットスクール

2018年12月 1日 (土)

スポットスクール 2018/12/1(土)

2017

 
こんにちは。
 
担当コーチの酒井ですhappy01
本日は30名の方が参加してくれました。
20181201_1032121024x576  
大勢のご参加、ありがとうございましたup
 
また、定員を最大限、取らせていただきましたが・・・
お受けできなかった方、本当に申し訳ございませんcrying
スポットスクールは、トレーニングの内容によって定員枠を変更しております。
また、シーズンスクール生の優先枠もございますので、ネット募集(ROOTS)の定員数と異なる場合もございますので、ご了承ください。
 
 
memo本日のテーマ
『数的同数を崩す』
守備と攻撃が数的同数の場合、攻撃はなかなかしづらいものになります。
フットサルの攻撃局面で一番難しい局面かもしれません。
 
そういう際に、必要になる考え方を本日、練習してみました。
 
 
①基礎練習&ウォーミングアップ
ドリブル
・2mに近づかないドリブル
・スペースに飛び出すドリブル
・人と人の間を感じて入っていくドリブル
キック
・インサイド
・インステップ
・アウトサイド
・インステップ
・トゥーキック
・スプーンキック
 
②動き&シュート練習
・ケブラ
※幅を取る動き=相手の隙間からシュートを打つ
・パラレラ
※深さを取る動き=相手の裏を突く動き
 
③狭いコートでの 2対2
同数を崩す3つのポイント
 
(1)シュートへの意識を守備に見せる
シュートへのプレーをみせることで、守備を動かす
・ドリブルやコントロールを使ったシュートへ向かう動き
・ケブラやジアゴナルなど幅を取る動きでボールを受けシュートを狙う
 
(2)裏への動き
パラレラなど縦&敵の裏でボールを受ける動きで守備を動かす
=空いたスペースを使う
 
(3)3つの縦へのラインを意識する
・人と人の間
・人とサイドラインの間×2 
※シュートコース or パスコースとして、3つのラインを意識してプレーする。
 
④ゲーム
※FPがセンターラインを全員超えたらシュート可
※③の練習の内容を意識して!
※敵の裏を突きましょう!
20181201_1011561024x576
 
20181201_1021421024x576
 
20181201_1017041024x576
 
20181201_1021221024x576
 
以上の内容となりました。
 
 
同数の展開になりやすいゲーム設定をしましたが
トレーニングでやった解決策の3つが揃うと、ほぼ決定機につながっていましたね。
 
flairフットサルは再現性が高いスポーツです。
セオリーをしっかり理解してプレーすると、良いプレーがでることが多くなります。
形を覚えることももちろんですが、そこの形の中にある動きの目的・意図を意識して、覚えることが大切であり、そこにゲームの最大の目的であるゴール=シュートを第1にプレーする習慣をもって臨むこと、守備の動きの方向を感じることで応用力が備わってきます。
 
停滞する攻撃に変化を加える選手!
是非、目指してみて下さい。
 

2018年11月17日 (土)

スポットスクール

2017

 
大人の朝練 スポットスクール
 
今日は、22の方が参加してくれましたup
 
20181117_103313816x459
ありがとうございました。
 
 
今日は『ドリブルで崩す』をテーマにプレーしてもらいました。
20181117_102121816x459
 
①W-up
・ドリブルジョギング
※2mの距離を取ってのドリブル
 
②交差点ドリブル
・相手の動きを認知してコース取り
 
③2対2 2つのゴール
・状況把握しながら、ドリブル通過
※相手に矢印を出させる・観る・反対を取る
※相手を釣る
※ゴールを意識して(ドリブル通過)ボールを受ける
 
④3対3 (1ゴール 3on3)
・空いたスペースへのドリブル
・2mの距離を持ったドリブル 
Img_2322457x342
 
⑤ゲーム
 
 
以上の内容となりました。
 
 
相手を崩す、かき混ぜるためのドリブル
相手にとって嫌なところに、ボールを運ぶことから始まります。
 
※嫌なところの参考例
①ゴールに向かう
②前のスペースへ向かう
③コート中央へ向かう
④DFの間に向かう
 
意識して見てください。
 
そのあとには、いつもと違った景色が見えるはずです。

2018年11月 3日 (土)

スポットスクール 2018/11/3

2017

こんにちはhappy01 
 
スポットスクール 担当コーチの酒井ですshine 
20181103_103156816x459
soccer本日31のご参加をいただきましたup
ありがとうございました。
 
diamond今日のテーマ
『ドリブルで運ぶsoccersign04
※状況を認知して、ボールを運ぶ選択肢を持とう!
【効果】
・相手をひきつけられる
・スペースに飛び出すと局面の数的優位を作れる
・新しいパスライン・シュートラインを作れる
・仲間との距離感を埋める役割もある
 
oneウォーミングアップ
Img_2111
・よけるドリブル
・止まる
・周りを観て距離感を保つ
 
two認知のウォーミングアップ
・ボール集めゲーム
 
 
 
three認知&ボールを運ぶ
Img_2116
・交差点ドリブル
・交差点ドリブル(タッチ数制限)
#まず認知から #コース取りを考えて #ボールを置くイメージで #ボールと一緒に
#周りの動きの矢印を感じて
  
four認知&ドリブルゲートゴール ゲーム
・2対2 ゲート通過ゲーム
#4角のゲートゴール
#最初のパスで同盟国決定からの2対2
#攻撃ゲート・守備ゲートの認知
#守備を2枚ひきつけたら反対ゲート
#守備の矢印の反対を取る
 
five認知&2対2 シュートゲーム
・ハーフコート 2対2 1ゴール シュートゲーム
#4角に選手配置
#最初のパスで同盟国決定
#同盟パスのリターンパスが入ればシュートOK
#シュートorパスのラインを作るドリブル
#ダイレクトシュートは禁止
 
sixゲーム
・4チーム総当たり
#フィクソの持ち出し(運ぶドリブル)で攻撃に厚みを!
#スペースに持ち出し局面の数的優位を作成
#シュートライン・パスラインの作成のためのドリブル
 
 
以上の内容となりました。
 
 
ゲームでこんなシーンがありました。
20181103_101617816x459
【認知】=手詰まり
ボール保持者は1対1
縦には相手のカバー守備が1枚、中は混雑。
有効なパスラインも存在しない
【状況の打開】
20181103_101618816x459
中央のスペースのボール保持者の味方選手がブロックプレー
中央の守備者は付き合わず停止。
⇒ボール保持者はカットイン
※ゴール左側にシュートライン&中央で有効なプレースペースを確保(守備者に影響されない)
 
 
ほんの少しのことですが、一瞬、優位な状況を作ることができています。
 
 
ボールを運ぶことで、意図して局面の変化を作っていければ良いですね。
 
 
少しそれを感じる経験が、本日、できたなら幸いです。
 
 
お疲れ様でした。

2018年10月20日 (土)

スポットスクール

2017
 
こんにちは。
 
スポットスクール soccer担当コーチの酒井ですhappy01

20181020_103347816x459

本日は30名の方が参加してくれましたhappy02 
ありがとうございましたup
 
 
今日のテーマ
『縦パス』ですが、縦パスの前のポジション取りの意識について重点を置きました。
20181020_101422816x459
 
①W-up
・ドリブルウォーミングアップ
・基礎パス (ステップしながら)
②ミニゲーム&レクチャー
・3対3+PIVO
※2本以上のパスでPIVO当て
※シュート制限ラインあり
 
【認知】状況把握
・PIVOを意識してプレーする
・パスラインを作成したポジション 
・コミュニケーション
・守備に影響されないように(フェイクや守備の目線の裏を使う)
 
【実行】技術実行
・正確に相手がとりやすいパス
 
③ゲーム
 
 
以上の流れでトレーニングしました。
 
ゲームで実践的にプレーをしていただきました。
縦パスはゴールに近づくパスで、仲間でタイミングよく出せれば、すぐにチャンスを作ることができます!そして厚さのある攻撃につながります。
 
 
良い縦パスを出せるようにしていければ、攻撃が面白くなってきます。 
 
是非、チャレンジしてみてください!

2018年10月 6日 (土)

隔週土曜の朝練”スポットスクール”

2017

 
こんにちは。
 
大人の朝練”スポットスクール”
 
soccer担当コーチの酒井ですhappy01
 
本日は28名の方が参加してくれました。
1538796338322  
大勢の参加、ありがとうございましたscissors
 
 
 
本日のテーマ  『パス』
漠然としていますが、”パス”とは何か?
そして、漠然と蹴っている、あのキックを改善しよう。
 
といった内容で行いました。
 
 
Img_1732

①W-up
・足裏ドリル
※脳トレと基礎的な足裏を使ったボールタッチ、コンビネーション
Img_1728_2
 
②キックとパス練習
・インサイドキック
・アウトサイドキック
・3対1 or 3対2 ロンド
 
③ALA局面でのワンツー~シュート
・インサイドとアウトサイドの違い
・相手にプレーをさせるパス
パスとは、相手が次のプレーをしやすい場所にボールを預けること
④次の次まで考えたパスとポジション
・2対2+②フリーマン
※フリーマンA・・・パス回し参加のフリーマン
※フリーマンB・・・4本目のパスを受け、シュートを促すパスを出す
 
⑤ゲーム
Img_1734  
以上の内容になりました。
 
④の練習は、総合的な練習となりました。
認知⇒分析⇒決断⇒実行
のサイクルを繰り返し、次の次のプレーを考えながらプレーし続けることを意識しましょう。
 
 
次回は再来週です。
 
また、パスの練習を行おうと思います。 
 
よろしくお願いいたします。

2018年9月22日 (土)

スポットスクール 2018/09/22

2017

 
こんにちは。
 
本日、担当コーチの酒井ですhappy01
 
Img_1424
 
25名のお客様と、栗ボウス君(元コーチ)が久々に来てくれましたhappy01
 
ありがとうございました。
 
Img_1421
 
 
 
maple本日のテーマ
『抜ける動きで、得点チャンス拡大』
 
①W-up

タイミングを取ってのパス交換
・ウン/ドイス/トレイス
Img_1417
 
 
②Sai を使ったシュート練習 
目的:抜ける動きで攻撃へアクセントを
Img_1419_2  
 
 
 
今日やったSaiの動きを実際の試合の動画で見てみて下さい。
 
 
(例1 抜けた選手を使ったSai)
 
Saiから、ウン・ドイスの抜け出し、そしてセグンド。
 
 
(例2:PIVOを使ったSai)
 
 
 
③ゲーム
Img_1422
前へ抜けてゴールに近づくプレーを引き出す回数を増やしてもらいました。 
 
 
 
以上の内容になりました。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
理論的な部分が多かったですが、前へ抜けることの良さ、そしてリスクを感じていただければ幸いです。リスクをかけないと良い得点シーンはなかなか生まれません。リスクを抑えるには、仲間との意思疎通・技術的な精度・状況把握が重要です。決定機の多さ、決定力向上のカギはそこに隠されているのかもしれんせんね。

2018年9月 8日 (土)

スポットスクール

2017

 
こんにちは。 
担当コーチの酒井ですhappy01
 
本日のスポットスクール
『前へススム道を持とう』
という内容で行いました。
 
28名の方にご参加いただきました happy01
20180908_1031521305x734
ありがとうございました。
 
 
★練習の内容★
 
①W-up
足裏体操(2人組ボール交換)

②ワークショップ ドリル(2分×2セット)
(1)マネッコ(前を空けるvs相手に対応する)
(2)ドリブルドリル(ズラすコントロール)
(3)パスラインを作るコントロール
(4)ロンド

③3ゴール通過ゲーム
※2対1+門番
Point
・相手DFの矢印を見る
・意図的に動きスペースを作る
・ボールを受ける前に狙いを持つ

④ゲーム
※ゴレイロスローのセンター通過禁止
20180908_1006591305x734
20180908_1011401305x734
以上です。
 
 
楽しんでいただきましたか?
少しキツイ練習もあったかと思いますが・・・
疲れた時にでも、しっかりボールをコントロールできるように
と、心を鬼にしてやらせていただきました。
 
20180908_1007321305x734  
また、3つのゴール通過のトレーニングでは
相手に干渉されないで通過できることを元おめていきましたが
それは実践ではビックチャンスに繋がるプレーの元になるからです。
 
20180908_1007201305x734
 
20180908_1016581305x734
 
次回は再来週9/22(土)となります。 
 
皆様のご来場、お待ちしております。
 

 

2018年8月25日 (土)

スポットスクール 2018/08/25(土)

2017

 
こんにちは~  担当コーチの酒井ですhappy01
 
sun暑さが戻ってきましたね~  waveらしい感じ最高ですwave
 
本日は30名の方が集まってくれましたnote
20180825_1042151305x734  
ありがとうございました。
 
 
今日のテーマ
『スペースを意識したプレー』
ということで、練習をしていきました。
 
①W-up&基礎練習
Img_0888
・ボールコントロール
・キック

②ドリブルドリル&シュート
Img_0892
・横&前のドリブル(ロールプッシュ)
・V字コントロール(プルプッシュ1)


③スペースを意識したドリブル&パス
・レクチャー
Img_0893
『スペースを狙う=スペースを作る』のお勉強

実践! 2対1+門番
Img_0897
Img_0896
攻撃は、3つのゲートのうちどれか一つををドリブル通過すればOK!
※スペースを狙う動き=スペースを新しく作る動き
 
 
④ゲーム
20180825_1027411305x734

20180825_1028131305x734

20180825_1028461305x734

20180825_1031401305x734

20180825_1032041305x734

20180825_1032151305x734

20180825_1036231305x734
 
以上の内容でした。
 
 
スペースへのプレー、スペースを作ること。
意識しないでも、自然とそうなっていければ良いですね。
 
 
何かゲームの中で感じていただける瞬間があったなら幸いです。
 
 
 
次回は再来週です。
 
皆様のご来場、お待ちしております。
 

2018年8月11日 (土)

スポットスクール

2017

 
こんにちはsun
 
本日、担当致しましたコーチの酒井ですhappy01
 
お盆休み 30の方が集まってくれました!!
20180811_1042001305x734  
そして、今日はshadow男性ばかり!!男祭りでしたねhappy01
 
 
さて、余談ですが、
先日、友人が監督を務めますFリーグのエスポラーダ北海道
(あのKAZUがプレーしたチームです!)のサテライトチームの
東京遠征の試合を見学させてもらいましたnote
20180804_152612_hdr1305x734
高校生主体のチームで、対戦相手は、私の母校の大学。
 
気温25℃の北海道からやってきた日に38℃の東京の屋外コートで試合。
環境に慣れていないでのプレーで、良いところは全くでなかったと友人の監督も話していましたが、止めて蹴るの基礎力というものを徐々に見せてくれていました。
やはり、基礎的なプレーは大事だな~と実感した機会になりました。
 
9月には北海道で実際のトレーニングの見学をさせてもらい
勉強してきますので、皆さんに還元できるようにしたいと思います。
Img_0456
 
さて、今日は、お盆休みということで・・・
 
基礎練習とゲームの中で練習をするということにしました。
 
Img_0462
 
①W-up
・4対1 or 3対1のボール回し
※狭いスペース・少ないタッチ数

②基礎練習
・インサイドパス&コントロール
・インサイドパス(ダイレト)
 
③戦術的意図付き練習
・ワンツー
・PIVO当て
・パス&サポート

④ゲーム
・スペースを空ける&使う
※人・ボールの動いた後にはスペースがある。
・サポートを徹底
※DFに近い選手にボールを渡したらサポートの動き
 
20180811_1026171305x734  
以上になりました。 
 
楽しんでいただけたでしょうか?
 
共通の意識があると、良い連携と、相手守備へ混乱を起こすことができますね。
空けたスペースを意識しておくと、チャンスメイクにつながりましたよね。
 
20180811_1026201305x734  
 
ゲームの中での企み。
少し、感じていただけたなら幸いです。
 
20180811_103400_hdr1305x734
 
ありがとうございました。
 

2018年7月14日 (土)

スポットスクール

2017

 
こんにちはsun
 
スポットスクール担当コーチの酒井ですconfident
 
今年も夏は暑いですね~sweat01sweat01
ラジオでも言っていましたが
 
私が子供の頃・・・(もう30年くらい前)ですが
暑くても30℃少し超えるくらい。
 
今では、40℃を超えようかとしておりますcrying
 
さて、フットサル大宮の大人スクールは 
熱中症対策をしっかりと行いながら、行っております。
安全に行うためには、参加される皆さんの、準備も必要です。
↓をお読みいただき、熱中症をよく知って、プレーしましょう。
 
 
さて、本日は29名の方が集まってくれましたup
Image_123986672_4
暑い中mありがとうございました。 
 
 
スクールのテーマ
『判断の速さ』~ダイレクトプレーの意識~
※暑い時期は球を走らせよう!
※体の角度、ポジションを細かく設定し、長い距離のランニングではなくショートパスで暑さと相手に対抗しましょう!
 
 
①パス&コントロール(技術練習)
・オリエンタード&パス
・ダイレクトパス
 
②判断のトレーニング
・ダイレクトパス
※判断から時間を作るプレーの選択
③シュート練習
・判断しながらシュートを打つ!
※ダイレクトプレーで速い判断を!

④ゲーム
・ダイレクトゲーム
※2or1 ゴールラインフリーマン
 
 
以上となりました。
 
ダイレクトの判断は、最高の速さの判断。
そこで、基準を作って、プレーを変化させることで、相手を上回るプレーをする要因を作ることができます。
 
ダイレクトでのプレーにこだわって
プレーしてみましょう!!
 
 
夏の暑さに対して、筋肉を過剰に使ってしまうと、一気に疲労が回ってきます。
判断を早めることで、走行距離を抑えつつ、クオリティーの高いゲームをしていきましょう! 

より以前の記事一覧