最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りリンク集

Enjoy school

2024年4月13日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20240406232001


こんばんは、スタッフのケントです!
本日は18名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!


20240413-19-48-57-1




今回は「2人組の関係で前進を狙おう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認

TR1
2対1

TR2
2対2 ハーフコートゲーム

ゲーム
20240413-19-48-57






以上の内容で進めさせていただきました。
今回は「2人組の関係」で前進を狙うために、、、

“守備者を観る”・・・守備者がどこを守っているのか、何を狙っているのか、距離間はどうかを観ます!

“ボールを動かす”・・・ボールを止めてから次のプレーをする間に守備者に距離を縮められてしまいます。距離を縮められにくくするために、ボールを動かしながら次のプレーを考えましょう!

“ひと工夫を加えよう”・・・味方にパスを出す時に、守備者との関係を距離を観てスプーンキックでパスを出す瞬間があります。悪いプレーではありませんが、受けた選手は処理が難しいのでミスに繋がったり、時間がかかってしまいます。
そこで、パスを出す時は守備者から離れる(逃げる)ボールコントロールをしつつパスコースを広げて、次に繋がりやすいパスを選択しましょう!


チャレンジしてみてください!

2024年4月 6日 (土)

Enjoy Futsal School ~Standard Skill~

Photo_20240406232001


こんばんは。

担当コーチの渡邊健人が急用のため、途中からコーチを交代しました酒井です。

本日は、メインコーチの交代、申し訳ございませんでした。

さて、スクールの内容を代わりに記載させていただきます。
 
 
本日は、14名の方にご参加いただきました。
 
ありがとうございました。
 
 
★本日の内容★

W-up
・リフティング
 
基礎技術練習&脳トレ
・インサイドキック
・足裏コントロール(ロール/オープンコントロール等)
 
TR1  1vs1+b4ボールサーバー
『ボールを受けてパスをする』
・フェイク
・背後への動き
・守備者を観ながらボールを受ける
・パサーのパスを出すタイミング
・パスラインを作る
・ボールの受け方・角度
 
TR2 3vs3 マンツーマン 
※ペナにボールが入ればシュートを打てる
・マークを外す
・守備者から離れる
・背後を取る
・守備者の反対の動き
・死角へ入ってから・・・
・守備者を観ながらボールを受ける
 
ゲーム
・パス3本通ったらシュート可
・フリーゲーム
 


 
 
以上の内容となりました。

 
ゲーム時にお伝えしましたが、実際のゲームでは、自陣では、守備者から離れてボールを受ける事は容易ですが
相手ゴールに近づくと、守備者もしっかり守ってくるので、難しくなってきます。
その際に、フェイクでマークを外したタイミングでボールをしっかり受けるという
TR1で練習した、瞬間的なプレーが必要になってきます。
これは、動きだけでなく、パスを出す選手を含め、タイミングをみないとできません。
良いタイミングでマークを外した瞬間にゴールまででボールを受けれると
最高のゴールが待っています(笑)
 
まさに、フットサルを楽しむための、Standard Skill !!

是非、実践で試していただき、獲得してください!!
 
本日は、ありがとうございました。

2024年3月16日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は8名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!
掲載が遅れました。申し訳ございません💦

20240316-20-42-03-1



今回は「タイミングを合わせてボールを前に運ぼう!」をテーマに行いました。





W-up
キックの確認、リフティング+ライフキネティック

TR1
3対1 ボール回し

TR2
2対1+1対1

TR3
2対2+1

ゲーム
20240316-20-42-03





以上の内容で進めさせていただきました。
今回はフットサルではポピュラーな2人組の関係であるPIVO当てワン・ツーを用いて説明させていただきました。

今回、お伝えした「タイミング」はパスを受ける・出すの部分を中心に行いました。

・受け手側のポイント
出し手が顔を上げてこちらを観た瞬間にボールを受けるための動き出しを行う
出し手がオリエンタードを行った場合や出し手にボールがつながる瞬間が最高のタイミング!(+要求の声があると更に良い)

・出し手側のポイント
受け手が動き出しを見逃さないように、ボールがない間は味方、守備者をよく観る
受け手の動き出しが早かった場合はダイレクトパスを意識する
受け手の動き出しが遅かった場合はオリエンタードでボールを動かしてタイミングを合わせる


タイミングを合わせるには、出し手と受け手の両方が気を使うことがポイントになります。
チャレンジしてみてください!

2024年3月 2日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は14名の方にご参加いただきました、ありがとうございました!

20240302-20-36-20-2




今回は「2対1をつくって突破しよう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認、リフティング、ライフキネティック

TR1
2対1 ボール回し

TR2
2対(1+1) ゾーンを前(ゾーン①)、後ろ(ゾーン②)に分ける
※1守備者はゾーンをまたいだ守備をしてはいけないルール
※2ゾーン①の守備者はゾーン②に戻って守備を行っても良い(はじめから戻ってはいけない。ボールが進んだ場合のみ。)

ゲーム
20240302-20-36-20





以上の内容で進めさせていただきました。
2対1の突破のポイントは、

・守備者を観る(認知)すること
⇒体の向きを守備者に正面を向けてボール守備者攻めるゴールも観ることができる体の向きを意識していただきました。
(ボールを受ける時もボールを保持している時も)

・ボールを受けた時は、止めずに“動かしながら”
⇒ボールを受けた時にボールを止めてから考えて動き出していまうと、守備者に距離を縮められてしまいます。ですので、ボールを止めずに動かしながら考えると守備者がプレスをかけてきても対応できます



前回、前々回の内容でも同じようなポイントを挙げましたがフットサル・サッカーはボールを扱う技術と同じくらい観る技術も必要なスポーツです。ぜひ、チャレンジしてみてください!

2024年2月24日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は16名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240224-19-03-31-1



今回は「守備者のリアクションを観て、プレーを決めよう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認

TR1
5対3 ボール回し

TR2
2対2+PIVO
※シュートラインをパスで通過
※PIVOはシュートライン超えて戻ってはいけない

TR3
3対3+PIVO
※シュートラインをパスで通過
※PIVOはシュートライン超えて戻ってはいけない

ゲーム
20240224-19-03-31





以上の内容で進めさせていただきました。
今回は3つのコースからパスで前進を狙ったシーンを想定した内容を中心に進めさせていただきました。

守備者の意表を突く、次の選手に余裕を与えるためにダイレクトを使ってパスでの前進を狙っていただきました。
その時の守備者の対応が、

対応をできなかった場合:そのままプレーを続け、ダイレクトで前進を狙う。

対応された場合:キックフェイントやトン・パでプレーを切り替えて、別の方法で前進を狙う。
(例、パスコースを切った守備者がいた場所がスペースになるのでドリブルや動き直した選手にパスを出すなど)

守備者のリアクションを観るためには、こちらが前進を狙うためのアクションを起こさなければいけません。(強いプレー矢印を出す)
今回はパスを中心に説明を行いましたが、ドリブルやボールを受けるシーンでも自らアクションを起こして守備者のリアクションを観ましょう!

2024年2月11日 (日)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は15名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240211-7-40-31-1



今回は「ボールに触れないサポート」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認

TR1
3対1、3対2 ボール回し

TR2
1対1+サポート

ゲーム
20240211-7-40-31







以上の内容で進めさせていただきました。
今回のテーマは“2人組の関係”のワン・ツー系のサポートに加えて、ボールホルダーにプレーをしてもらうためのクロス系のサポートをお伝えさせていただきました。

今回は「ブロック」サポートが人気でしたので、ブロックを中心とした内容で進めさせていただきました。
ブロックは守備者がボールホルダーを追いかけるコースにブロックする選手が先にポジションをして“少し”邪魔をすることを説明させていただきました。

2024年2月 3日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんにちは、スタッフのケントです!
本日は14名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240203-19-45-23-1





今回は「ボールを持ちながら駆け引きで勝とう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認、アジリティトレーニング

TR1
1対1
※向かい合ってスタート 攻守に分かれて、無敵ゾーンから出て左右にあるカラーコーンにボールを当てる対決

TR2
2対1
※サイドの1対1からコート中央の攻撃者が近くのカラーコーンをタッチして2対1になるルール付

ゲーム
20240203-19-45-23






以上の内容で進めさせていただきました。
今回はボールを保持している場面で、駆け引きを行える“姿勢”と“ステップ”を中心にお伝えさせていただきました。

姿勢では、
姿勢を正すことで、観える(入ってくる)情報が異なります。
今回、心掛けていただいた内容は、頭を前に出さずに、膝を軽く曲げた状態でプレーすること。守備でも同じです。

ステップでは、
上記の姿勢で、サイドステップやクロスステップをして“ヨコ”の動きで駆け引きを行うこと。


足の間にボールを置きながら、上記のプレーを加えることで守備者が奪いに行きづらくなります。奪えなければ、こちらのプレーの選択肢が増えて前進が狙いやすくなります。
ぜひ、ボール保持時の駆け引きにチャレンジしてみてください!

 
今日、TR中に突然現れた、Sコーチ撮影の動画です


2024年1月27日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は9名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240127-18-49-39

今回は「ボールコントロール+オフ・ザ・ボールに集中!」をテーマに行いました。


W-up
キックの確認、ライフキネティック

TR1
1対1 タテ、ヨコ(コート中央)方向にあるカラーコーンゲートを通過

TR2
2対2 センター⇒サイド パススタート

ゲーム







以上の内容で進めさせていただきました。
今回は、守備者の立ち位置を観てボールコントロールを行いました。守備者がいないスペースに速くボールと移動できるように「ボールアタック」守備者の反応・対応が早く、先行した場合は「トン・パ」で逆(反対)を狙っていただきました。

そして、2対2などの数的同数時の前進する例として守備者の間を “前” か “後ろ” から背後を狙って走る。
走った場合の守備者の対応が、
⇒ついてこなかったら:プレーを続けてボールを受け、前進を狙う
⇒ついてきたら   :プレーを切り替えてランニングを止めてフェイクに変更。「ワン・ツー」を狙う
その他の例として、
ボールを受けた選手が守備者の間にボールアタックを狙ったと同時に攻撃の2人が入れ替わって「クルーザ」で前進を狙う
を挙げさせていただきました。

大きく、速いボールコントロールを行うと守備者は反応しやすいです。大きく、速いボールコントロールをすることで先手が取りやすくなります。後手を踏んだ守備者は簡単に剥がすことが出来るので、先手を取れるように大きく、速いボールコントロールを意識してみてください!

2024年1月20日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんばんは、スタッフのケントです!
本日は5名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

20240120-18-36-41



今回は「ファーストタッチ+ボールの置きどころを意識しよう!」をテーマに行いました。





W-up
キックの確認、リフティング、3対1ボール回し
TR1
1対1 2ゴール(横)
オフェンスとディフェンスの間に
①侵入不可ゾーンVer.
②侵入不可ラインVer.
③ディフェンスは左右のマーカーどちらかを回ってからスタート

TR2
1対1 2ゴール(前)
守備者はボールを奪ったらカウンター有り

ゲーム
参加していたため、写真を取り損ねました💦







以上の内容で進めさせていただきました。
今回は、“守備者の動きを観て”ファーストタッチ(オリエンタード)をすること。そして、ボールを動かして守備者が自分と同じ方向に
“プレー矢印”を出して反対・逆を突くプレーを行うことを意識していただきました。

ボールを晒して奪われないために「足の間」にボールを置いて360°どこでもボールを動かせる持ち方を意識していただきました。
そして、パスやドリブルを実行する際はなるべく進行方向とは逆の足(後ろ足)で蹴る・運ぶことを意識していただきました。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

2024年1月 6日 (土)

Enjoy School ~standard~

Photo_20220423152301

こんにちは、スタッフのケントです!
本年もよろしくお願いいたします。
本日は12名の方に参加していただきました、ありがとうございました!

20240106-19-22-25




今回は「守備者を観てプレーの決断をしよう!」をテーマに行いました。




W-up
キックの確認

TR1
シュート練習
(縦or横 ウン・ドイス)

TR2
1対1+PIVO
※ゾーンゴール

TR3
3対3+PIVO
※ハーフコートゲーム

ゲーム
20240106-19-22-25-1







以上の内容で進めさせていただきました。
今回はPIVOを置いて 縦でのウン・ドイス、横でのウン・ドイスを使って説明させていただきました。
ボールを持っている時に守備者立ち位置や体の向きを観てどの方向に進むのか。パスかドリブルのどちらで進むのか。を観て決断⇒実行に移していただくトレーニングを行いました。

パスを受ける場合でも守備者走るコースや速さ・体の向きを観てどこで受けるのか。走るコースを変えた方が良いか。を観て決断⇒実行に移していただきました。

守備者を観ることで、自分の前進できる手段やコースが観えます。例えば、スピードに乗った状態でプレーを続けるとどうしても視野が狭くなってしまうので、ドリブルなどはゆっくりしたスピードを意識しましょう。スピードを上げるタイミングは突破する・背後でボールを受けるためのランニングをかけた時がおすすめです。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

より以前の記事一覧